風の谷のナウシカ [DVD]アニメ界の巨匠、宮崎駿監督(78)の名作漫画を舞台化する新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」の製作発表記者会見が30日、都内で開かれ、尾上菊之助(42)や中村七之助(36)らが出席しました。

宮崎作品やスタジオジブリの関連作品の歌舞伎舞台化は史上初。歌舞伎版は、映画版では描ききれなかった物語の全編を昼・夜2部に渡って「通し上演」。松竹は、通し上演は「江戸時代以来となるのではないか」としています。

宮崎監督は歌舞伎なら「やるよ。やろうよ」と快諾。2つ条件を出したと言い、1つは作品のタイトルを変えないこと、もう一つは「記者会見など、いろいろとやらなきければいけないことにもオレは協力しないから」だったという。



■歌舞伎「風の谷のナウシカ」 宮崎駿監督、舞台化に2つの条件 ジブリ鈴木P「オレは協力しない、と…」

k000

 アニメ界の巨匠、宮崎駿監督(78)の名作漫画を舞台化する新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」の製作発表記者会見が30日、都内で開かれ、尾上菊之助(42)や中村七之助(36)らが出席した。

 宮崎作品やスタジオジブリの関連作品の歌舞伎舞台化は史上初。1984年にアニメ化された「風の谷のナウシカ」は、宮崎監督が情報誌「アニメージュ」に連載し、足かけ13年で完結した漫画で全7巻(59話)からなる。歌舞伎版は、映画版では描ききれなかった物語の全編を昼・夜2部に渡って「通し上演」する。松竹は、通し上演は「江戸時代以来となるのではないか」としている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

歌舞伎「風の谷のナウシカ」 宮崎駿監督、舞台化に2つの条件 ジブリ鈴木P「オレは協力しない、と…」

■新作歌舞伎『風の谷のナウシカ』公式アカウント Twitter


このニュースに対しネットでは、「ナウシカが映像化する可能性があるとしたら宮崎駿が亡くなった時だろうな…。その時には「好きにしたらいい」とコミック版のアニメ化を望んでた庵野秀明には言ったらしいから、庵野秀明のモチベーションがあるなら映像化されるだろうな…」「今の歌舞伎でも能や狂言、文楽をもとにして歌舞伎に落とし込んだものもあります。時代を経てそれがアニメなどに代わったという事でしょうかね。またこういう類は澤瀉屋さんがなさるのかと思いましたがw」「新しいことにチャレンジすることはとても良いことである、歌舞伎でナウシカを演じる想像もできない演出は誰が手掛けるのであろうか怖いものを見てしまうような気がする?」との反応。

■関連記事
宮崎駿監督の面接が話題 「トトロは肉食か」 糸曽監督の答え
【アニメ】 ジブリ鈴木敏夫P、宮崎駿監督の新作の制作状況報告 公開時期は 「あと3年か4年」