ナサケの女 ~国税局査察官~ (米倉涼子 出演) [DVD]女優・米倉涼子(44)、俳優・西田敏行(71)らが7日、テレビ朝日ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ」(17日スタート、木曜後9・00)の制作発表会見を東京・六本木の同局で行いました。

会見で米倉は、ドラマ撮影に入る前に「ミュージカルやってたんですが、低髄液圧症候群を患いました。脊髄に傷が入って、髄液が落ちていく。真っ直ぐに歩けなくなったり、やる気がなくなったりしました」と告白。

現在は回復したとし「しんみりする話じゃないんです。いまは元気になったから話せるんです」と語り、「1曲やると無理、ご飯を食べると気持ち悪くなり、このままではドクターXができなくなるかもという状態でした」と明かしました。



■米倉涼子 低髄液圧症候群を告白「ドクターX」出演危機だった…現在は回復

y000

 女優・米倉涼子(44)、俳優・西田敏行(71)らが7日、テレビ朝日ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~ 第6シリーズ」(17日スタート、木曜後9・00)の制作発表会見を東京・六本木の同局で行った。米倉は、今作の撮影に入る前に低髄液圧症候群を患い、出演が危ぶまれたことを告白した。

 2年ぶりの人気シリーズ制作に「やっぱり久しぶりなので緊張しますし、皆さんにお会いできて、うれしいです」と挨拶した後に、「このあと30分くらい話しますけど大丈夫ですか」と切り出した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

米倉涼子 低髄液圧症候群を告白「ドクターX」出演危機だった…現在は回復

■Doctor-X 外科医・大門未知子(テレビ朝日公式) Twitter


このニュースに対しネットでは、「回復して本当に良かった。こうして役作りに活かせるのならば、辛い時期も『振り返れば良かった時期』と、思えるのかもしれませんね」「ドクターX楽しみです。昨日のYもなかなか面白かった」「ブラッドパッチ療法したのかな?大丈夫との事だから治療うまくいったんですね。繰り返す方や副作用でめまいなど続く方がいらっしゃるので、無理せずに。ドラマ楽しみにしています」「そりゃ大変だったことでしょう。みんなそうだけど、さらっとしてそうな米倉さん、陰ではかなり苦労してるんだなぁ。。。」との反応。

■関連記事
米倉涼子 「ドクターX」 のギャラは1話あたり500万円と推定
米倉涼子が離婚発表