あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなるホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(46)が11日、TOKYO MXの生番組「5時に夢中!」に出演し、日本では2020年に本格的なサービス提供開始が見込まれている5G(第5世代移動通信システム)の普及は「テレビの終わりの始まり」と予言しました。

コメンテーターの中尾ミエ(73)にも分かるように5Gを説明することを求められた堀江氏は「ネットで動画とかを見る、スマホとかで動画を見るスピードが速くなる。ミエさん、これすげえ大事で、速くなればなるほど、サーバーといって、テレビと違って、テレビはマスター室から、電波塔からみんなにブロードキャストされるんで、出すだけなんですよ。ネットの動画は取りに行くんで、たくさんの人たちが取りに行くと、待ち行列ができちゃうんだけど、速ければ、すぐピッて、行列に並ぶ時間がめちゃくちゃ短いんですよ。動画をもらう時間が」と説明。

さらに「待ち行列がめちゃくちゃ短くなって遅延も少なくなるし、負担も少なくなるんで、たぶんライブ動画とか、そういうのがよりできるようになるってことで、つまりテレビが終わるってことなんですよ。5G5Gってテレビで言ってるけど、テレビの終わりの始まりなんですよ。5Gに、逆に言うとテレビ局は対応しなければいけない」と、テレビの終わりを予言しました。



■ホリエモン 5G移行は「テレビの終わりの始まりなんですよ」

h000

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(46)が11日、TOKYO MXの生番組「5時に夢中!」に出演し、日本では2020年に本格的なサービス提供開始が見込まれている5G(第5世代移動通信システム)の普及は「テレビの終わりの始まり」と予言した。

 コメンテーターの中尾ミエ(73)にも分かるように5Gを説明することを求められた堀江氏は「ネットで動画とかを見る、スマホとかで動画を見るスピードが速くなる。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ホリエモン 5G移行は「テレビの終わりの始まりなんですよ」

■堀江貴文 Twitter


このニュースに対しネットでは、「ラジオからテレビに移行した時のようになるでしょうね。ラジオにはラジオの良さがあるがテレビがメインになった。それと同じでネットが優位に立ってそれが当たり前になるのはあと数年ですね」「TVが5Gのサーバにあるコンテンツが同じであれば、5Gが優勢かもしれないですが、同じコンテンツを配信する事は無いと思う」「45歳以上のテレビ世代が人口の半分以上を占めてる間は終わらないと思う。但し、その世代が亡くなってしまい人口の比率が今の20代以下の世代にその世代が同等数もしくは越されてしまった時はヤバいよね」「でしょうね。正しい情報さえ入ればどちらでも良いと思います」との反応。

■関連記事
堀江貴文氏 12年間勤務で月給14万円 「日本終わった」 と嘆く会社員に 「お前が終わってんだよ」
堀江貴文氏、おぎやはぎ発言に 「どんだけ性格悪い」