いつか、その日が来る日まで…(通常版)矢沢永吉が10月12日、自身に寄せられたメールに対し、公式サイトで怒りをあらわにしました。

矢沢はこの日、43年ぶりとなる東京の日比谷野外大音楽堂でのライブ「THE STAR IN HIBIYA 2019」を予定していましたが、台風19号の影響で中止に。リハーサル風景など限定映像を同日夜にネット配信することを急遽決定しましたが、台風による被害が拡大していることを考慮し、映像配信も来週19日に延期すると発表しました。

しかし、とあるファンから《日比谷参戦の方々に無料配信 なぜ台風直撃の時に? ライフライン使ってモラル無いですねぇ》《もっと一般常識があると思ってましたが トップが常識ないのなら そりゃあファンもモラル無いですよねぇ》といったメールが届き、激怒した矢沢は、公式サイトに「メールをくれた君へ」と題した公開反論をアップ。

《何もできないくせに、人の揚げ足ばかり取ってて楽しいですか?僕たちがどれだけ、この43年ぶりの日比谷を成功させたかったか…。招待に当選されたファンの皆さんに喜んでもらいたかったか君にわかりますか?》と反論し、《どの立場の人も、その人その人で頑張ってんだよ! メールごときで言いたいこと言ってんじゃねーよ、たくっ》と締めました。



■矢沢永吉、台風対応めぐるメールに激怒「言いたいこと言ってんじゃねーよ」

y000

「メールごときで言いたいこと言ってんじゃねーよ、たくっ」

矢沢永吉が10月12日、自身に寄せられたメールに対し、公式サイトで怒りをあらわにした。

ライブ中止→急遽配信を決定→延期
矢沢はこの日、43年ぶりとなる東京の日比谷野外大音楽堂でのライブ「THE STAR IN HIBIYA 2019」を予定していたが、台風19号の影響で中止した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

矢沢永吉、台風対応めぐるメールに激怒「言いたいこと言ってんじゃねーよ」

■矢沢永吉 公式アカウント Twitter


このニュースに対しネットでは、「矢沢さんとしてはファンに対する批判ということでこのメッセージを出したんだと思うけど、中身は「台風が直撃してる12日に配信するのはマズいのでは?」ってメールだよね。メッセージを出すにしても「状況を考えると12日に配信しようとしたのは確かにマズかった。でも、矢沢を応援してくれてるファンを悪く言うのはやめてくれ、ヨロシク」で、良かったと思うけどなあ」「配信のタイミングがどうこう言うようなファンはきっと当たらなかった腹いせにこんなしょうもないメールを送ったんだと思う。でもこうやってメールを矢沢永吉が見てると感謝のメールとか手紙出してみようかなぁと思った」「興行側は悔しいに決まってるし、涙目になりながら対応もこなしてることでしょう。そして自分たちの消費者がそういうことへの想像力を持っているタイプでは無かったことに絶望してしまったのかも知れません」との反応。

■関連記事
矢沢永吉、迷惑ファンを 「出入り禁止」 私設応援団名乗り 「威圧」 行為
有安杏果が卒業しても “存続し続ける” ももいろクローバーZは、矢沢永吉や長渕剛と同じく “不変”