TBSラジオ『JUNK おぎやはぎのメガネびいき』オフィシャルブック『めがね』 (タツミムック)東京都台東区の避難所がホームレスを受け入れなかったことについて、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(48)らによるテレビでの発言が話題になっています。

2019年10月16日放送のフジテレビ系情報番組「バイキング」で、司会の坂上忍(52)は「ぶっちゃけ、住民の方々の中にお子さんを抱えている方々とかだと、『そういう方と一緒にされるのはちょっと...』という声があることも事実なんですよ」と指摘。

小木は、「来ている方たちは嫌ですよ、それは。ホームレスの人が来てもらっちゃったら。怖いじゃない、だって、何されるか分からないし」と発言し、矢作は「迷うよね」として、「臭いとか気になるかもしれないし、『ちょっと悪いけど、別のところで』とか色々考えちゃう」と説明しました。



■おぎやはぎ小木「嫌ですよ、それは」 避難所「ホームレス拒否」めぐる発言で「人命優先」「いや本音」と物議

o000

 東京都台東区の避難所がホームレスを受け入れなかったことについて、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明さん(48)らによるテレビでの発言が話題になっている。

 小木さんは、受け入れに関して「(避難所に)来ている方たちは嫌ですよ」などと述べた。ネット上では、その真意を巡って、賛否両論の議論になっている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

おぎやはぎ小木「嫌ですよ、それは」 避難所「ホームレス拒否」めぐる発言で「人命優先」「いや本音」と物議

■おぎやはぎ小木「嫌ですよ、それは」 避難所「ホームレス拒否」めぐる発言で「人命優先」「いや本音」と物議


このニュースに対しネットでは、「小木、よく言ったよ。当事者じゃない人からすると、周りの意見が正しい。たしかに人命優先だよ。でも、当事者からすると、きっと小木の言い分になるよね。正直、入ってきてほしくない」「小木さんに共感しました。安心安全を求めて行く先が、衛生面でも防犯面でも安心できないのでは、意味がない気がします。人命はもちろん大事です。ホームレスの方は、可能であれば別区画が良いと思います」「この件に際して、本音と建前というのがすごく実感できる。これが全国民に平等な問題ではなく、たまたま台東区民にだけ降りかかってきた問題だから、代案ありきでないと建前だけでは説得力ないのだと思う。それだけに小木さんのような意見には反対一辺倒というのはあり得ないと思う」との反応。

■関連記事
【おぎやはぎ】 矢作兼、引越し業者のスタッフに激怒 「だめでしょ」
おぎやはぎ小木、「現金支払い派」に苦言 その理由に称賛の声