局アナ 安住紳一郎TBSの安住紳一郎アナウンサー(46)が19日、同局系「サワコの朝」に出演。大学時代、国語の教員を目指していたが諦めた過去や、結婚観などを赤裸々に語りました。

 北海道の高校を卒業後上京し、1浪を経て明大に入学した安住アナは、「私たち団塊ジュニアはですね、学校に入った後も大変で」と切り出し、大学時代が就職氷河期だったことをその理由に挙げ、「私、中学校と高校の国語科の教員を目指していたんですよ。当時、少子化がもう始まっているので、東京、神奈川、千葉などの公立高校、中学では国語科の教員採用が何人と出てたと思います?新卒採用2人って出てたんですよ!」と驚いた様子で告白しました。
 
 当時の社会の流れに「運、不運があるんだ」とも感じたそうで、「これは教職無理だなって思いまして…」と教員になることを諦めた理由を振り返りました。



■安住アナ、国語の教員を“挫折”しTBSへ入社した過去明かす 将来は「結婚してみよう」とも

a000

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(46)が19日、同局系「サワコの朝」(土曜前7・30)に出演。大学時代、国語の教員を目指していたが諦めた過去や、結婚観などを赤裸々に語った。

 北海道の高校を卒業後上京し、1浪を経て明大に入学した安住アナは、「私たち団塊ジュニアはですね、学校に入った後も大変で」と切り出した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

安住アナ、国語の教員を“挫折”しTBSへ入社した過去明かす 将来は「結婚してみよう」とも

■サワコの朝 Twitter


このニュースに対しネットでは、「安住さんと結婚したいと思う女性は、世の中にいっぱい、いると思います」「安住さんの少し年下の同世代ですが、本当境目がハッキリ見えるくらい急に新卒募集が減ったんですよね。大学側も想定してないくらい求人が減って、2つ上の先輩が本当に大変そうだった」「教員希望だったんですね。話題豊富なのでとても面白い話しで、人気になったか。うんちくが長くて、意外と気難しいので、面倒な先生になったか…。想像してしまいました」「私も安住さんと同じ年、1浪で中学の社会科教師を目指しましたが、採用1~2人、倍率300倍とかで狭き門で数年受験したけど諦めました…。今、質の悪い教師が増えてきてて、なんだかなー、と思います。この世代は損ばっかり。安住さんはアナウンサーでよかったと思いますが」との反応。

■関連記事
TBS安住アナ 関西学院大 本当は 「くわんせい」 … 「かんせい」 と読む理由を解説
安住紳一郎アナがTBSで孤立?リベラルで固まる局内で“孤独な戦い”