ハルカノイセカイ 01 台湾第70回NHK紅白歌合戦の司会者が17日に発表されました。紅組の司会は“本命”と目されていた広瀬すず(21)でも、“対抗”という声も上がっていた戸田恵梨香(31)でもなく、綾瀬はるか(34)に決定。ちなみに白組は、2年連続で嵐の櫻井翔(37)。総合司会は3年連続の内村光良(55)が務めます。

スポーツ紙デスクは「当初は、前回の朝ドラ『なつぞら』でヒロインを務めた広瀬で決まりだろうとみられていました。100回目の記念作でプレッシャーも強かったと思いますが、見事にやり遂げたと評価は上々。広瀬は昨年も紅組の司会でしたが、2017年に放送された『ひよっこ』のヒロイン、有村架純も2年連続で司会を務めたことがあります。また、近年は朝ドラのヒロインが紅白の司会に抜擢されるケースが多いので、現在放送中の『スカーレット』のヒロイン、戸田の名前も上がっていましたね」とコメント。

なぜ、広瀬すずではなく綾瀬はるかなのか。音楽ジャーナリストの渡邉裕二氏は、「今年の紅白は70回目の節目で、NHKとしては大きな冒険をしたくない。広瀬さんは昨年の司会でしたが、どこかたどたどしく、評価は芳しくなかった。綾瀬さんも同様に司会の腕はイマイチですが、3回目の起用で、ハプニングには本人も周囲も慣れている。広瀬さんと天秤に掛けたとき、より不安材料が少ない綾瀬さんを起用したのでしょう」とみています。



■NHK「紅白歌合戦」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

a000

 第70回NHK紅白歌合戦の司会者が17日に発表された。

 紅組の司会は“本命”と目されていた広瀬すず(21)でも、“対抗”という声も上がっていた戸田恵梨香(31)でもなく、綾瀬はるか(34)に決定。ちなみに白組は、2年連続で嵐の櫻井翔(37)。総合司会は3年連続の内村光良(55)が務める。

「当初は、前回の朝ドラ『なつぞら』でヒロインを務めた広瀬で決まりだろうとみられていました。100回目の記念作でプレッシャーも強かったと思いますが、見事にやり遂げたと評価は上々。広瀬は昨年も紅組の司会でしたが、2017年に放送された『ひよっこ』のヒロイン、有村架純も2年連続で司会を務めたことがあります。また、近年は朝ドラのヒロインが紅白の司会に抜擢されるケースが多いので、現在放送中の『スカーレット』のヒロイン、戸田の名前も上がっていましたね」(スポーツ紙デスク)

(抜粋・全文は以下のリンクより)

NHK「紅白歌合戦」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

■NHK紅白歌合戦 Twitter


このニュースに対しネットでは、「昨年の司会ぶりを見ると、純粋に広瀬すずより綾瀬はるかを見たいと思うから、この人選は良かった」「すずさんには、サービス精神が感じられない。司会は裏方なのに、まるで主役のように笑顔で立っているだけ。綾瀬さんは司会はヘタでも天然のキャラクターで盛り上がる。上手なのは仲間由紀恵さんだけど、普通にアナウンサーがやれば良いと思う」「なつぞらはドラマとしての評判は良かったが主人公の評判は必ずしもよくない。特に東京パート。いだてんの綾瀬はるか役は低視聴率でも評判は高いと思う」「好感度は綾瀬はるかの方がダントツで高いから綾瀬はるかになってよかったと思う。綾瀬はるかならあまり司会が上手くなくても何となく笑って観られるし嫌な気はしない」との反応。

■関連記事
【NHK紅白】 瞬間視聴率 注目の米津玄師、テレビ初歌唱で44・6% サザンに次ぐ高数字
広瀬すず、米津玄師の贈り物 “真っ赤な薔薇” を公開 紅白は 「凄すぎたー」