わたしの和だし料理愛好家の平野レミ(72)が29日、NHK「ごごナマ」に生出演。夫でイラストレーターの和田誠さんが7日に亡くなったことで届いた視聴者から励ましの言葉に、涙をこぼしました。

番組終盤、視聴者からのお便りコーナーでは、「大好きなお料理で、たくさんの人を笑顔にしてください。ご主人様も天国から見守って下さってくれていることと思います。レミさん大好きです。頑張れ!」と励まされると、平野は「ダメだ」と頭を下げつつ、涙。

ティッシュで涙をぬぐいつつ、「あー嫌だ、ダメだ。こんなことになると思わなかったからね」と話し、「でもね、私思うの。100年か200年後には、ここにいる人全部さ、いなくなっているからね。みんなそうなのよ!だから今を元気に生きましょうね!」と努めて明るく振舞いました。



■平野レミ、NHK生番組でむせび泣き 夫・和田誠さん亡くし視聴者からのエールに「あー嫌だ、ダメだ…」

h000

 料理愛好家の平野レミ(72)が29日、NHK「ごごナマ」(月~金曜後1・0)に生出演。夫でイラストレーターの和田誠さんが7日に亡くなったことで届いた視聴者から励ましの言葉に、涙をこぼした。

 人気作家の本の装丁やポスター、週刊誌の表紙などさまざまなジャンルで活躍した和田さんが、肺炎のため83歳で死去。平野は夫へのメッセージを持参したが、「読もうと思ったけど息が詰まっちゃうから」とし、安部みちこアナウンサー(41)が手紙を代読した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

平野レミ、NHK生番組でむせび泣き 夫・和田誠さん亡くし視聴者からのエールに「あー嫌だ、ダメだ…」

■平野レミ Twitter


このニュースに対しネットでは、「レミさん応援してます」「悲しみを表現する姿も平野レミさんらしい。また、人を魅了する楽しい料理を期待してます」「物静かでとても器の大きい旦那さんだったんでしょうね。大切な人を失った時、ぽっかり穴が空いてしまったような時間は辛いものです。でも、旦那さんが褒めてくれたお料理、体調に気をつけて、これからもレミさんらしく楽しく紹介してください」「感情が豊かすぎて以前まではテレビ向けの演技かと思っていたけどそういう人ではない事が分かった。普通の人で良かった。泣いていいんだよ!とエールを送りたい」「明るくお料理をしてくれる奥さんで旦那さんも毎日幸せだったと思います。レミさんももう少ししたらまた笑顔になってくださいね」との反応。

■関連記事
平野レミを激怒させた夫の一言。料理を1週間拒否していた