ハケン占い師アタル DVD-BOX来秋放送となる2020年度後期のNHK連続テレビ小説が、大阪・道頓堀を舞台にした「おちょやん」に決まり、女優・杉咲花(22)がヒロインを務めることが30日、大阪市の同局で発表されました。

杉咲は、松竹新喜劇の前身「松竹家庭劇」に参加し、2代目渋谷天外さんと結婚した上方女優の代名詞・浪花千栄子さんがモデルの竹井千代を演じます。

杉咲は、16年前期の「とと姉ちゃん」で高畑充希(27)演じる主人公の妹を演じて以来、2度目の朝ドラでヒロインの大役を任されます。演技力を買われ、8月にオファーされた杉咲は「心境はうれしいです。こんなに感動的な瞬間ってあるんだってかみしめています。お仕事、勉強、家事、育児…皆さんにとって大事な15分を明るく、パワー与えられるよう、波乱万丈な千代さんを頑張って演じたいです」と意気込みを明かしました。



■朝ドラヒロインに杉咲花 2度目出演で大役「一瞬パニック。泣きました」

s000

 来秋放送となる2020年度後期のNHK連続テレビ小説が、大阪・道頓堀を舞台にした「おちょやん」に決まり、女優・杉咲花(22)がヒロインを務めることが30日、大阪市の同局で発表された。杉咲は、松竹新喜劇の前身「松竹家庭劇」に参加し、2代目渋谷天外さんと結婚した上方女優の代名詞・浪花千栄子さんがモデルの竹井千代を演じる。

 タイトル「おちょやん」はおちょぼさんがなまった大阪弁で、「茶屋や料亭で働く女中」を意味する。南河内生まれのヒロインにとって、9歳からの芝居茶屋での女中奉公の8年間が原点。言葉の親しみやすさ、かわいらしさ、意地と誇りなどの象徴として選ばれた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

朝ドラヒロインに杉咲花 2度目出演で大役「一瞬パニック。泣きました」

■Twitter モーメント


このニュースに対しネットでは、「杉咲花ちゃんなら演技は文句なしだと思う。脚本が面白いことを祈ります!!」「良い女優さんを主役に据えたと思う。あとは脚本だけど、半沢直樹を担当した脚本家みたいだから心配なさそう。最近の朝ドラの視聴率じゃ、若者にもそれなりの歳の人にも人気で、かつ実力や知名度がある人を主役にするのは当然だと思う。オーディションなんてやってる場合じゃない」「杉咲さんもいいけど、朝ドラはまだ名の知られてない有望な新人を発掘して抜擢して欲しいなぁ。あまちゃんの能年は衝撃的だったよ」「杉咲花さんには何の不満もないけど、いつからか朝ドラのヒロインが元々ネームバリューのある人になったのが寂しいな。キャストのネームバリューで勝負しないドラマって貴重だったのに。近年、それだと数字が取れないんでしょうね」との反応。

■関連記事
業界話題の趣里、杉咲花… 2世タレントの成功の秘訣は 「親隠し」