時間革命 1秒もムダに生きるな「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が30日、ツイッターを更新。コンビニでの「おでん販売」を中止、縮小する動きが広がっていると報じた記事を引用して、「自動化しかないのかも」と関心を示しました。

コンビニにとって、つゆに長時間浸すおでんは販売できる時間が短く、清掃や補充にも手間がかかるという。

堀江氏は「人手不足解消が喫緊の課題」と指摘し、「自動化しかないのかも」と提言。同氏の投稿に対し、「おでん缶の自動販売機を置けばいい」というリプライが続きました。



■堀江貴文氏 コンビニの「おでん問題」に提言「自動化しかないのかも」

h000

 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が30日、ツイッターを更新。コンビニでの「おでん販売」を中止、縮小する動きが広がっていると報じた記事を引用して、「自動化しかないのかも」と関心を示した。

 コンビニにとって、つゆに長時間浸すおでんは販売できる時間が短く、清掃や補充にも手間がかかるという

(抜粋・全文は以下のリンクより)

堀江貴文氏 コンビニの「おでん問題」に提言「自動化しかないのかも」

■堀江貴文 Twitter


このニュースに対しネットでは、「全店でしなくていいと思う。需要の高い店だけでやればいいこと」「買う側からの立場からすると、食べたいけどセブンのおでんは、買うとなるとレジの人間犠牲になるから、レジ並びしている他人の目がハンパない(-_-;)。若い女性でも、もっと気軽に精算できるしくみが欲しいところ(-_-)」「おでんを含め、FFは廃棄も多いし利益が出てるのかわかりずらい。
店によっては、あまりやっても意味がない店もあるだろう。チェーン店なので統一性も大事だが、店側にやるやらないは選ばせても良い時代なのかもしれない」「これに加えておでんツンツン事件とかもあったからなぁ。衛生上の問題もあるやろうな」との反応。

■関連記事
ホリエモン、台風の中帰宅の杉浦太陽に非難の声で 「ほんと性格悪い」
ホリエモン 5G移行は 「テレビの終わりの始まりなんですよ」