「さみしさ」の研究 (小学館新書)タレントのビートたけし(72)が1日、東京・上野の国立科学博物館で行われた「特別展ミイラ~『永遠の命』を求めて」の内覧会に出席。2020年東京五輪マラソン・競歩会場の札幌移転決定に言及し、「もう辞めた方がいい。『五輪は返還』ってね。『やんないよ』ってね」とたけし節をさく裂、笑いを誘いました。

混迷する東京五輪。「もう(1984年の)ロス五輪から怪しいと思っていたよ。五輪でも何でもねーよって。プロが出るようになってお金がものすごく動くようになって」。商業主義がスタートした大会。テレビの力が強くなった大会でもある。

来年の8月開催も巨額の放映権料を払っている米国のTV局の意向があると言われており、「米国のメジャーテレビが、はざまの時に五輪をやって稼ごうとしただけじゃねーかって。IOCというかJOCが黙ってOKしているのがおかしい」。舌鋒(ぜっぽう)鋭く選手ファーストではない“金まみれ”の現状を指摘しました。



■ビートたけし東京五輪は「もう辞めた方がいい『五輪は返還、やんないよ』ってね」 米国TV局主導…“金まみれ”の現状指摘

b000

 タレントのビートたけし(72)が1日、東京・上野の国立科学博物館で行われた「特別展ミイラ~『永遠の命』を求めて」の内覧会に出席した。2020年東京五輪マラソン・競歩会場の札幌移転決定に言及し、「もう辞めた方がいい。『五輪は返還』ってね。『やんないよ』ってね」とたけし節をさく裂、笑いを誘った。

 混迷する東京五輪。ご意見番が「返還論」を説いた。「もう(1984年の)ロス五輪から怪しいと思っていたよ。五輪でも何でもねーよって。プロが出るようになってお金がものすごく動くようになって」。商業主義がスタートした大会。テレビの力が強くなった大会でもある。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ビートたけし東京五輪は「もう辞めた方がいい『五輪は返還、やんないよ』ってね」 米国TV局主導…“金まみれ”の現状指摘

■27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ! Twitter


このニュースに対しネットでは、「私もやめた方がいいと思う。「復興オリンピック」というテーマもあったけどそれを嘲笑うようにオリンピック開催地が日本(東京)に決まってから日本各地で天災だらけ。どこか一か所でも「復旧」ではなく「復興」した地域はあるのかな」「自分も個人的に五輪自体冷めた目でみてるし、ネットで見るくらいで興味ないけど、今からやめると莫大な違約金発生などのデメリットの方が大きいとすればやれる範囲でやるしかないのかな・・」「IOCの余りの理不尽さに多くの日本人が険悪感を抱き五輪熱が一気に冷めただろうな」「同感。アメリカの商用利用で上手く利用されているだけ。感動なんてしないよ」との反応。

■関連記事
ビートたけし、離婚について心境明かす 「こんなに苦労するんだったら」
フジ27時間テレビ 3年連続!たけし×村上信五で 「スポーツ」 11月2、3日放送