モトカレマニア(1) (Kissコミックス)11月7日放送の「モトカレマニア」(フジテレビ系)第4話が視聴率3.0%という厳しい結果に終わりました(ビデオリサーチ、関東地区)。同作は、第1話5.6%、第2話5.2%、第3話4.1%と当初から低迷。

ただ、苦戦している恋愛ドラマは、同作だけではなく、主人公と血のつながらない義姉との愛を描いた「4分間のマリーゴールド」(TBS系)の視聴率は、第1話10.3%、第2話7.8%、第3話7.6%、第4話6.2%。バイオリン教室で出会った男女の恋と絆を描いた「G線上のあなたと私」(TBS系)の視聴率は、第1話7.8%、第2話8.8%、第3話7.3%、第4話6.9%と、他ジャンルの作品よりも明らかに苦しい状況が続いています。

なぜ、恋愛ドラマはこれほど壊滅的な状況になっているのでしょうか。1つ目の理由は、30代以上や既婚者の意識が変わったからと記事では伝えられています。



■視聴率3%で「恋愛ドラマ」の危機か 数字も評判も得られない3つの理由

m000

 11月7日放送の「モトカレマニア」(フジテレビ系)第4話が視聴率3.0%という厳しい結果に終わりました(ビデオリサーチ、関東地区)。通常より30分遅いスタート時間ではあったものの、前番組のボクシング中継が15.2%の高視聴率で「ある程度そのまま見てもらえるのでは」という期待もあっただけに、関係者のショックは計り知れないものがあります。

 同作は、第1話5.6%、第2話5.2%、第3話4.1%と当初から低迷。視聴率に含まれない録画視聴やネット視聴が増えているとはいえ、今後の存続が危ぶまれるほどの低空飛行が続いているのです。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

視聴率3%で「恋愛ドラマ」の危機か 数字も評判も得られない3つの理由

■【公式】5話11/14放送木曜劇場『モトカレマニア』 Twitter


このニュースに対しネットでは、「恋愛ドラマを観る年層が、まずTVを観る時間がスマホをいじる時間に奪い取られたのが一番大きい」「リアルタイム視聴率と録画による視聴率を分けた方が良いと思う。今どきリアルタイムに視聴する人間は少ないと思う。現に私は9割以上を録画で視聴しています」「さらに若い子はそもそもテレビみない、テレビを持ってない子も多いと聞く。少子化もあるのだろうが、アニメを左遷しまくったりしてますます若者離れをテレビのほうが自分から率先してやってる気がする」「初回の視聴率は、キャストの力。2話以降は、脚本の力」との反応。

■関連記事
【東京ドラマアウォード】 清原果耶、 『透明なゆりかご』 で主演女優賞
ともさかりえ、 「金田一」 当時に誹謗中傷 「本当に本当に苦しんだ。いま元気に生きていられて良かった」