日向坂46ファースト写真集 立ち漕ぎ今年改名した人気アイドルグループ・日向坂46と、シンガー・ソングライターの米津玄師(28)が作詞・作曲した「パプリカ」がヒットした中学生の男女5人組ユニット・Foorinが、大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」が内定したことを、一部スポーツ紙が報じています。

これまで紅白への内定&初出場が報じられているのは、夏に全国ツアーを開催した俳優で歌手の菅田将暉(26)、リリース曲がことごとくヒットしている4人組バンド・Official髭男dism、そしてジャニーズ事務所の人気グループ・Kis-My-Ft2。

この人選かに芸能記者は、「昨年以上に若年層の視聴者の取り込みを狙っているようだ。そのあおりを受けるのが演歌勢で、昨年よりも枠が減ることになりそうです」と話しています。



■令和初紅白 若年層へ方針転換か キスマイ&菅田らが初出場へ

s000

今年改名した人気アイドルグループ・日向坂46と、シンガー・ソングライターの米津玄師(28)が作詞・作曲した「パプリカ」がヒットした中学生の男女5人組ユニット・Foorinが、大みそかの「第70回NHK紅白歌合戦」が内定したことを、一部スポーツ紙が報じた。

日向坂46は、16年5月に、「けやき坂46(通称・ひらがなけやき)」として活動を開始。今年2月に改名し、9月にはグループ最大規模となる「さいたまスーパーアリーナ」での初の単独公演を成功させていた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

令和初紅白 若年層へ方針転換か キスマイ&菅田らが初出場へ

■菅田将暉 Twitter


このニュースに対しネットでは、「NHKホールで、生歌を披露できる歌手を選んでほしいね。中継、口パク、事前収録……紅白の意味ある?」「誰が出てもいいからフルコーラスが聞きたい。出演者の歌の時間をちゃんと取って欲しい。合間のバラエティのような演出は短くていいし、コラボもいらない。ちゃんと歌を聞きたい」「また不祥事があるかもしれないので、NGT事件を起こし、被害者への嫌がらせを繰り返し、新センターもスキャンダルで卒業になったAKSのグループは紅白に出さないでほしい」「今の若い人たちは家で紅白なんて見ないでしょ。下手に変える必要はないのではないですか?今まで楽しみに見てくれていた層を大事にしていくことも考えた方がいいと思いますよ」との反応。

■関連記事
綾瀬はるか、ゆるい私服に注目集まる 独自スタイル貫く理由
NHK 「紅白歌合戦」 紅組司会は綾瀬はるか … “本命” 広瀬すず落選のナゼ