日めくり KAZU 魂のメッセージ 底力 ([実用品])人気ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の、木村拓哉(47)と鈴木京香(51)が三つ星を目指すレストランで働き始めた新入りスタッフが「あれ、どこかで見たことない?」「爽やかでかわいい」と話題になっています。

ドラマ関係者は、「彼は“キングカズ”こと三浦知良さん(52才)とりさ子さん(51才)夫妻の長男(22才)です。りさ子さんのブログにもよく登場する有名人なので気づいた人もいたと思います。芸名を『三浦■太』(■=りょう「けもの偏に『寮』」、みうらりょうた)にして、このドラマでデビューしました」と説明。

カズと同じく、15才でブラジルへサッカーの短期留学をするなどかなり本格的に取り組んでいましたが、大学卒業を前に、芸能活動を考えるようになっていったという。第4話(11月10日放送)の最後に出てきて、第5話(17日放送)では店の先行きに不安を覚えて仕事を辞めるという役柄で、肝心のセリフは、「おつかれさまでした」の一言のみだったが、なかなかの存在感を出していたようです。



■三浦カズ&りさ子の長男、グランメゾン東京で俳優デビュー

m000

 木村拓哉(47才)や鈴木京香(51才)の近くで休む間もなく忙しなく動き、店のホールの仕事やフードフェスの仕込みをこなす若い男性。くっきりとした眉毛にキレ長の目が印象的だ。

 人気ドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)の、木村と京香が三つ星を目指すレストランで働き始めた新入りスタッフが「あれ、どこかで見たことない?」「爽やかでかわいい」と話題になっている。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

三浦カズ&りさ子の長男、グランメゾン東京で俳優デビュー

■グランメゾン東京 Twitter


このニュースに対しネットでは、「イケメンではないけど、あの2人が両親というのは羨ましい!演技力はどうなんだろう?二世と言うだけで起用されたと思う」「佐藤浩一の息子といい二世がよく出てるんだね。ドラマ自体がとても面白いので二世がどうのって話題は別にいらないけど」「コネって凄い」「デビューしたいって人がたくさんいる中で、親が有名人だといとも簡単にテレビに出れるんだからいいよなぁ」「議員も俳優も二世はあんまり好きじゃない。やっぱり自分でしっかり努力して地道にやってきた人の方が好感を覚える。当然二世といえどもしっかりがんばっているのでしょうが…やっかみも含めて」との反応。

■関連記事
木村拓哉の相次ぐCM降板に衝撃 「6歳上の三浦カズに完敗」 と関係者
キムタク、老眼を告白 「何だこれ…ハァ?」