本人vol.11お笑いタレントの明石家さんま(64)が23日、自身がパーソナリティーを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」に出演。吉本興業と契約解消した「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)の復帰プランを“延期”することを明かしました。

芸能活動再開へ、来年1月10日に都内で開幕する、さんま主演の舞台「七転抜刀!戸塚宿」が初仕事とみられていましたが、この日のラジオで「マスコミの皆さんが勘違いしていることがありますが、1月の私の舞台で復帰するという記事がありますが、復帰しませんので。誰がどう間違えたのか」と“否定”。

「出したいという感じだったんですけども、まだ早いのはわかったし」と理由も説明し、さらに前日の“激励会”に集まったマスコミの数に驚き「復帰の舞台はとんでもないことになると分かったので、俺の手のかからないところで復帰させます」と話しました。



■宮迫 1月復帰プラン“白紙” さんま、主演舞台出演を否定「1月の舞台では復帰しません」

m000

 お笑いタレントの明石家さんま(64)が23日、自身がパーソナリティーを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。特殊詐欺グループとの闇営業問題で吉本興業と契約解消した「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)の復帰プランを“延期”することを明かした。

 さんまは自身の個人事務所で宮迫の受け入れを表明しており、21日には自身が主催で“激励会”を行なった。宮迫はジャケット姿で笑顔を見せつつ出席者全員に騒動を謝罪。この会は闇営業騒動による周囲の“心労”にひっかけ、宮迫を“新郎”に見立てて結婚式風に進行したという。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

宮迫 1月復帰プラン“白紙” さんま、主演舞台出演を否定「1月の舞台では復帰しません」

■宮迫 Twitter


このニュースに対しネットでは、「何で復帰を急ぐのか。そこまでニーズあるとも思えないんだけど」「何で復帰をさせるのか良く分からない、復帰しなくてても良いのでは。他に真面目にお笑いをやって面白い芸人さんは幾らでも居る。一生懸命頑張って居る人を使ってあげてほしい、宮迫は天狗に成りすぎました」「さんまが宮迫を気に入っているのは構わないが、今回の件でのけじめは宮迫自身でつけさせるべきだし、さんまがここまでする必要はない。宮迫だって良い大人だし、事の発端はすべて宮迫自身が嘘をついた事で招いたわけだから」との反応。

■関連記事
さんま、宮迫をイジって激励! 『囲む会』 100人出席 司会は蛍原
松本人志 宮迫のため 「行列」 にノーギャラ出演…降板時の言葉を実行か