お笑いTYPHOON ! DVD アンタッチャブル ~できませんはいいません~お笑いコンビ「アンタッチャブル」が、12月8日放送のフジテレビ「THE MANZAI 2019 マスターズ」で10年ぶりに新作漫才を披露することがわかりました。

アンタッチャブルは初出場で10年ぶりにコンビで新作漫才を披露。

山崎弘也(43)と柴田英嗣(44)が1994年に結成。その後、2004年にM―1グランプリで優勝したものの、10年に柴田が女性問題などに端を発し1年間休業。柴田の復帰以降も2人がそろうことはなかったが、29日に同局で放送された「全力!脱力タイムズ」で10年ぶりにコンビでのテレビ出演を果たし、大きな反響を呼んでいました。



■アンタッチャブル フジ「THE MANZAI」で10年ぶり新作漫才、12・8放送

a000

 お笑いコンビ「アンタッチャブル」が、12月8日放送のフジテレビ「THE MANZAI 2019 マスターズ」(後7・00~9・54)で10年ぶりに新作漫才を披露することになった。30日、同局が発表した。

 同番組は、人気・実力を兼ね備えた漫才の名手(マスター)たちが一堂に会する、年に一度の祭典。昨年同様、コンテスト形式ではなく、“日本一豪華な漫才の祭典”をテーマに放送される。番組MCは、最高顧問を務めるビートたけし(72)、お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)と矢部浩之(48)が担当する。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

アンタッチャブル フジ「THE MANZAI」で10年ぶり新作漫才、12・8放送

■ドランクドラゴン塚地武雅 Twitter


このニュースに対しネットでは、「これは楽しみだな…。昨日の脱力タイムズをキッカケに本格的に再始動か…。有田の番組で復活というのも関係の深さを感じさせる。年末年始のネタ番組にも引っ張りだこだろうな…」「脱力タイムズさんの構成作家さんは、センスあるんでしょうね。吉本芸人が大御所芸人の力を借りてばかりの復帰パターンとは大違いだから、世間は素直に受け入れられるね!」「昨夜は改めて天才と天才なんだなって、涙でかすみながらも感動させてもらった。何がザキヤマの背中を押してくれたのかは分からないけど、活躍しようという気持ちなんかよりあの素晴らしい芸を消してしまうのはもったいないという方が強いんじゃないかと思う」との反応。

■関連記事
ザキヤマの 「にわかを排除するファンが一番いらない」 発言に共感殺到
アンタッチャブルの柴田英嗣 ファンキー加藤と交際断絶 元妻と不倫…上沼の質問に「それは無理」