東京都北区赤羽 1巻今月22日にタレントの壇蜜と結婚した漫画家・清野とおるさん(39)が30日、ツイッターを更新。「婚姻後の夫婦の氏」を誤って記載し、名字が変わってしまったことを明かしました。

「東京都北区赤羽」などの作品で知られる清野さんは「さっき起こったこと。」と記し、「区長から、祝いの花と手紙が届く→喜ぶ→区長から印鑑登録抹消通知も届く→俺の名字が壇蜜さんの名字『齋藤』になってることに気づく→婚姻届の書き間違えに気づく」とツイート。

「家庭裁判所に婚姻届を訂正したいと『申立て』をして、間違えてしまった事情を詳しく説明すると認めてもらえるようです」とするフォロワーのコメントに、「ご丁寧にありがとうございます。早急に申し立てたいと思います…」と返信しました。



■壇蜜と結婚の漫画家・清野さん、婚姻届の記入ミスで名字が変わる「俺の名字が壇蜜さんの…」

d000

 今月22日にタレントの壇蜜と結婚した漫画家・清野とおるさん(39)が30日、ツイッターを更新。「婚姻後の夫婦の氏」を誤って記載し、名字が変わってしまったことを明かした。

 「東京都北区赤羽」などの作品で知られる清野さんは「さっき起こったこと。」と記し、「区長から、祝いの花と手紙が届く→喜ぶ→区長から印鑑登録抹消通知も届く→俺の名字が壇蜜さんの名字『齋藤』になってることに気づく→婚姻届の書き間違えに気づく」とツイートした。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

壇蜜と結婚の漫画家・清野さん、婚姻届の記入ミスで名字が変わる「俺の名字が壇蜜さんの…」

■清野とおる Twitter


このニュースに対しネットでは、「幸せすぎて舞い上がったのですね。まぁ事情説明して訂正すれば済むので、これからもお幸せに暮らしてください」「婚姻届とか、出産届は、舞い上がっていて間違いそうですね。私も深夜0時過ぎに生まれたのに、父が前日に誕生したと謝って届けを出してしまった、気が付くのが遅くなりそのままです」「短い期間でも自分の名字が変わることに男性はこんなにビビってるわけですよね。結婚するほとんどの女性はそれが一生なのに」「そのままシズカちゃんの、苗字になるのも良いかも」「名字が変わると結構大変。不動産の名義、預金口座、クレジットカード、運転免許証、パスポート、それらの情報を元に登録したいろんな会員情報を全部変更しなければならない。早めに気が付いて良かった」との反応。

■関連記事
壇蜜と霜降り明星・せいや 「名前も告げず人命救助」 の真相
女性専用車両問題 壇蜜が権利主張の男性をバッサリ 「敵対関係を作ろうとする意図がある」