NHK大河ドラマ「いだてん」完全シナリオ集 第1部1日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」で、申告漏れと所得隠し問題で活動を自粛中のチュートリアル・徳井義実(44)の熱演シーンが前後半の要所で計約15分にわたって放送されました。

徳井は、1964年東京五輪で東洋の魔女と呼ばれた日本女子バレーボールを率いて金メダルを獲得した大松博文監督役。1日の放送の終盤では、再び説得に訪れた田畑に大松監督が、これ以上選手たちの青春を奪えないと切実に訴えるシーンや、選手の思いを受け、最後は再び名セリフの「俺についてこい!」を叫ぶ場面などが描かれました。

1日の放送後、ネット上では「徳井のシーンで今日は一番泣いた」「いい役だ」との感想が相次ぎ、「カットは出来んわ」「これは確かにカットされてはいけない」「徳井はずすのムリなわけだわ」と放送に理解を示す声も。一方で「徳井もいい演技するのに、何でまたあんな事になっちゃったのかなぁ」と残念がる声もみられました。



■自粛中の徳井「いだてん」熱演15分放送される「徳井で泣いた」「これはカットできない」

t000

 1日放送のNHK大河ドラマ「いだてん」で、申告漏れと所得隠し問題で活動を自粛中のチュートリアル・徳井義実(44)の熱演シーンが前後半の要所で計約15分にわたって放送された。

 徳井は、1964年東京五輪で東洋の魔女と呼ばれた日本女子バレーボールを率いて金メダルを獲得した大松博文監督役。1日の放送では冒頭、五輪まで2年となった時期に、“鬼の大松”こと大松監督が辞意を示し、主人公の田畑政治(阿部サダヲ)が説得に行くも、頑なな態度を示すところからスタート。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

自粛中の徳井「いだてん」熱演15分放送される「徳井で泣いた」「これはカットできない」

■大河ドラマ「いだてん」 Twitter


このニュースに対しネットでは、「確かにこの場面はカットできないし、久しぶりに泣けました。そして、脱税騒ぎが無ければ…と思い、複雑な気分になりました」「「いだてん」の配役にはホントに感心する。実在の人によく似ていて、それでいてしっかり演技できる人をよく見つけてきていた。徳井=大松もそう。ちょっとやそっとの代役はきかないし、1日の放送の選手と大松の場面は、もう感涙ものだし、誰のためにスポーツをやるのかっていうやり取りは絶対削れない場面。きちんと放映してくれて良かった」「まぁ良いシーンだったですね。こんなのカットできるわけがないと思う。罪は罪として償えば良い。罪人をわざわざ起用する必要はないが、収録時には誰も知らなかったのだもの、その区別はきちんと視聴者の側もつけないと」との反応。

■関連記事
「いだてん」 チュート徳井の出演シーンカットし切れず放送
NHK 「いだてん」 徳井は予定通り出演の公算強まる