みんな、泣くんじゃねえぞ。宮澤佐江卒業コンサートin 日本ガイシホール(BD5枚組) [Blu-ray]元AKB48の宮沢佐江(29)が、駅のホームですれ違った中年男性に肘で「胸と肋骨(ろっこつ)あたりをバン!って当てられた」とし、「酷すぎる。人間として失格だ」と怒りをあらわにしました。

宮沢は6日、インスタグラムのストーリーズを更新し、「今渋谷のホームで向こうから来るおじさんに肘で胸と肋骨あたりをバン!って当てられた」と報告。

「人多くて人との間隔も狭かったから、奥からおじさん来る時わざわざ自分の身体を縦にして避けたのに」と状況を説明し、「酷すぎる。人間として失格だ。どんなふうに生きてきたらそんな最低な人になるんだろうか」と憤りました。



■宮沢佐江、中年男性の肘鉄浴び「人間として失格だ」

m000

元AKB48の宮沢佐江(29)が、駅のホームですれ違った中年男性に肘で「胸と肋骨(ろっこつ)あたりをバン!って当てられた」とし、「酷すぎる。人間として失格だ」と怒りをあらわにした。

宮沢は6日、インスタグラムのストーリーズを更新し、「今渋谷のホームで向こうから来るおじさんに肘で胸と肋骨あたりをバン!って当てられた」と報告。「人多くて人との間隔も狭かったから、奥からおじさん来る時わざわざ自分の身体を縦にして避けたのに」と状況を説明し、「酷すぎる。人間として失格だ。どんなふうに生きてきたらそんな最低な人になるんだろうか」と憤った。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

宮沢佐江、中年男性の肘鉄浴び「人間として失格だ」

■宮澤佐江 Twitter


このニュースに対しネットでは、「ホームとか電車の中とか、ほんと常識知らずの行動する人いますね。人間版のドライブレコーダーが開発されて、そういう非常識な行動を録画できたりしたらいいかもですね」「前にテレビでユーミンが「絶対に避けないと念じて歩けば周りが避けてくれる」みたいなこと言ってて、えぇ…って思ったことを思い出した。ぶつかってくるくらいの変なのが多すぎる。ほんとウォーキングレコーダーも必要になってくる時代がくるかも」「同じようなシュチュエーションは誰にでもあると思う。いちいち気にしてられないのでクレーム付けないけど皆んなが皆んな譲りあう心が有ればこんな事は起きないと思うけど難しいよね」との反応。

■関連記事
元AKB48宮澤佐江、芸能活動休止 所属事務所との契約も終了 「一度足を止めて自分自身を見つめ直したい」
元AKB48宮澤佐江、結婚宣言の須藤凜々花に喝 「契約書に“恋愛は禁止”って書いてある!」