爆笑オンエアバトル アンタッチャブル [DVD]12月4日、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が、水曜パーソナリティーをつとめているラジオ番組『ななきゅう』(文化放送)に出演し、10年ぶりのコンビ復活について語りました。

コンビ復活の瞬間は、11月29日放送の『脱力タイムズ』(フジテレビ系)で迎えました。番組冒頭から出演していた柴田でしたが、終盤にサプライズで相方の山崎弘也が登場。「えーーーー!?」と絶叫する柴田と、お構いなしの山崎とで、およそ10年ぶりに2人の漫才を披露しました。

番組から視聴者への告知は一切なく、また柴田自身、本当に何も知らされていなかったという。しかし、ザキヤマが出てきた瞬間、柴田は「何をやらされるんだろうなって感じだったけど、瞬時に気づいた。山崎が出てきて、これ多分ここで漫才を一回やって、ここから復活していくのかしら俺たちは、みたいな」と思ったと明かしました。



■アンタッチャブル柴田英嗣が明かした「コンビ復活」の舞台裏

s000

 12月4日、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が、水曜パーソナリティーをつとめているラジオ番組『ななきゅう』(文化放送)に出演し、10年ぶりのコンビ復活について語った。

 コンビ復活の瞬間は、11月29日放送の『脱力タイムズ』(フジテレビ系)で迎えた。番組冒頭から出演していた柴田だったが、終盤にサプライズで相方の山崎弘也が登場。「えーーーー!?」と絶叫する柴田と、お構いなしの山崎とで、およそ10年ぶりに2人の漫才を披露した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

アンタッチャブル柴田英嗣が明かした「コンビ復活」の舞台裏

■柴田英嗣 instagram
この投稿をInstagramで見る

皆さんへ感謝申し上げます。 #10年ぶりの漫才 #場を与えてくれた有田さん、番組スタッフの皆さん、タレントの皆さん、関係各位の皆さん、何より楽しみにしていてくれた皆さん、そしていきなりの漫才を持ち込んだ山崎、本当に有難うございました。 こんなにも待ち望んでくれてる人が居たのかと驚きと感謝で一杯です。 沢山のメッセージもありがとうございます。 これからも沢山ふざけて参りますので、恐ろしい程ハードルを下げて楽しんで頂ければと思います。 いやマジでハードル下げてね。 #ハッシュタグの意味!

アンタッチャブル柴田(@shibata_untouchable)がシェアした投稿 -



このニュースに対しネットでは、「脱力タイムズでは本当に2人とも楽しそうだった。漫才師は多くいるけど、あそこまで楽しそうに漫才するのはなかなか見れない。だからこそ面白いしこっちも楽しい」「アンタッチャブルもブランクを感じさせない凄さがあったけど、有田の優しさが泣けた」「ザキヤマがピンで出演してるときにボケまくるのがあまり好きではなかった。でも脱力タイムズでのアンタッチャブルの漫才を見てると、普段鬱陶しいと感じてしまってた(ごめんなさい)ボケが全然しつこくなくて、むしろめちゃくちゃ面白かった」「ザキヤマ一人でもすごく面白いけど、やっぱり二人の方がもっと面白い。またアンタッチャブルの漫才が見れて嬉しい。山崎のアドリブのボケに対する柴田のツッコミはさすが。コンビじゃないとできないし、山崎もそれで引き立つ」との反応。

■関連記事
アンタッチャブル フジ 「THE MANZAI」 で10年ぶり新作漫才、12・8放送
ザキヤマの 「にわかを排除するファンが一番いらない」 発言に共感殺到