月刊目の眼 2018年5月号「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏(44)が12日、自身のツイッターを更新し、資産の使い方について持論を展開しています。

前澤氏は「10億円くらいまでは『よっしゃ自分で稼いだぜ!』が、100億円くらいになると『わーみんなのおかげでこんなにも』ってなって、1000億円とかになると『もはやこれは自分のお金なのかどうかも分からん。とにかく人や社会のために役立たせんと』ってなる。持ったら持ったで責任重大やでー!」とツイート。

続けて「10億円くらいまでは人に隠したがるのは分かる。自分で稼いだ自分だけのお金だと思いがちだから。けど100億とか超えてくると、さすがにそれはみんなのおかげ。だから、こんなの買ったから今度見てね触ってねって共有したくなるし、堂々と公開する」とし、「隠したり脱税したり海外に逃がすとか論外」とつづりました。



■前澤友作氏、1000億円は「持ったら持ったで責任重大やでー!」と持論「10億円までは人に隠したがるのは分かる」

m000

 「ZOZO」創業者で実業家の前澤友作氏(44)が12日、自身のツイッターを更新し、資産の使い方について持論を展開した。

 公式YouTubeチャンネルを立ち上げ、11月29日に「【初投稿】1000億円を記帳してみた」のタイトルで動画をアップし、SNS上で様々な反響を呼んでいた前澤氏。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

前澤友作氏、1000億円は「持ったら持ったで責任重大やでー!」と持論「10億円までは人に隠したがるのは分かる」

■前澤友作 Twitter


このニュースに対しネットでは、「たくさんお金持ってる人が、使いまくるのは社会にとっていいこと。どんどん使って欲しい」「素直に商才はあると思うし、お金を使って世の中を楽しませるのは素晴らしいと思う。だからそんなに下品って言われた事を気にしなくていいと思う」「いいんじゃないですか?日本でもビジネスで成功すればこんだけ稼げるし、こんな生活も可能っていうJAPANドリームをオープンに示してくれる」「前澤はとにもかくにも表現するのが下手。例えば、1億円お年玉ツイートにしても、見方によっては「おら、百万やるよ」にしか見えなくて、そこにみんなの夢を叶えてあげたいと言う本質は表現されていなかった」との反応。

■関連記事
前澤友作氏 3.8億円のスーパーカーを買う…座席に座り 「これは宇宙船だね」 と大満足
前澤友作氏 お金の使い方で持論展開 「使わないと大きくは増えないです」