本人vol.11 お笑いタレントの明石家さんま(64)が21日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。芸能活動を自粛している事務所の後輩「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と「チュートリアル」徳井義実(44)へのネットの声を巡って、ある提言をする一幕がありました。

さんまは、「宮迫にしても、徳井にしても“テレビ出されへん”とか“まだ早い”とか復帰がどうのこうの言うけどアイツらも生活があるから。その点はやっぱり、口出しできない」と語り、生活を考えると「もう『お前の好きなようにやれ』とかっていうことになる」と説明。

さらに、さんま流のジョークも込めながら「世間がバァーとネットで批判してる人らが、小遣い送ってあげて欲しいねん。『出んな、ボケ』(復帰は)『早いわ』とか偉そうに言ってるやつ。そう言うんやったら、(生放送動画配信の)ショールームみたいなやつに、100円でもええから、『文句言うて100円』とか『悪口言うたら200円』とか決めといたらええねん」と提言しました。



■さんま「アイツらも生活ある」自粛中の後輩芸人に思い 「TV出るな」中傷巡り“らしく”提言も

s000

 お笑いタレントの明石家さんま(64)が21日放送のMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。芸能活動を自粛している事務所の後輩「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)と「チュートリアル」徳井義実(44)へのネットの声を巡って、ある提言をする一幕があった。

 芸能人のYouTube進出が増えている中、「テレビの人間にとってはYouTubeは敵。テレビで頑張らせていただいている間は手を出さない」と決めているという、さんま。ただ、周囲の芸人については、「さすがに今はYouTube」と考えるようになったとして、「成功すればっていうのはあるからな。みんな生活があるから」と一定の理解を示した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

さんま「アイツらも生活ある」自粛中の後輩芸人に思い 「TV出るな」中傷巡り“らしく”提言も

■フジテレビュー!! Twitter


このニュースに対しネットでは、「生活があるなら、別に芸人でなくてもいいのでは?一般人は、生活のために、好きでもない仕事でもやってますよ」「生活苦しいのにTVに拘る理由を教えてくれよ。みんな生活苦しければアルバイト掛け持ちしたり、仕事選ばずに大変な仕事でも頑張ってると思うんだが?」「年収億超えるような人は仕事や社会に対してそれなりの責任があると思うよ。事業者だけど反社絡みや未納税などは銀行融資も受けられなくなり事業が立ちいかなくなる。飲酒運転なんてしたら提携先や取引先がいなくなる。それが当たり前だし責任」との反応。

■関連記事
妻・木下優樹菜のどう喝問題のフジモン、宮迫 「囲む会」 に 「ぼくらでもやってもらっていいですか」
ヒロミ 妻・伊代に時計を全部売られ嘆き節 「すごいお金になったって」 、使い道は…