月刊目の眼 2018年5月号ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が来年元日からお年玉企画第2弾を行うと発表した件で、前澤氏のツイッター投稿には企画を待ちわびる3400件のコメントが殺到しています。

前回はフォロワー100人に100万円をプレゼントする総額1億円企画でしたが、次回は「総額〇〇億円にパワーアップ」と予告。

「詳細はYouTubeでもお知らせします」とチャンネル登録を呼びかけているYouTubeチャンネルにも、現在約27万人の登録があります。



■前澤社長「○○億円」お年玉にネット興奮 感謝期待3千件超「前澤ジャンボ」「やばい」

m000

 ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が来年元日からお年玉企画第2弾を行うと発表した件で、前澤氏のツイッター投稿には企画を待ちわびる3400件のコメントが殺到している。

 前回はフォロワー100人に100万円をプレゼントする総額1億円企画だったが、次回は「総額〇〇億円にパワーアップ」と予告。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

前澤社長「○○億円」お年玉にネット興奮 感謝期待3千件超「前澤ジャンボ」「やばい」

■前澤友作 Twitter


このニュースに対しネットでは、「いいじゃん前澤。綺麗事言ってる貧乏人より人の為になってるよ。他人に金使える人は単純に凄いわ。ケチな人より何倍も好感持てる」「実際困ってる人はなけなしの貴重な1万円より大金持ちのはした金の100万のを貰う方が嬉しいと思う。気持ちは両方有難いがやっぱり多い方がいい!」「当然、ボランティアなどの必要としている団体に寄付していると思うが、バラマキはあまり美しい行動には見えない」「30越えて人からお年玉貰える可能性があるとは考えてもいなかった!前澤さん!売名だろうがYouTube登録者数増やすためだろうが、企画楽しみにしてます!」との反応。

■関連記事
前澤友作氏が台風被災の館山市に20億円のふるさと納税 「高いポテンシャル、応援したい」
前澤友作氏 「側近が年収1000万円は安い」 の声に反論 「最初から5000万円、1億円もあり得る」