WE LOVE ヘキサゴン リミテッド・エディション(DVD付)歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップしました。

島田さんは、misonoや山田も出演していた、自身が司会をしていたフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」について「人生で一番幸せな番組でした。楽しかった、幸せだった」と振り返り、「『ヘキサゴン』だけは下心がなかった。学校の校長先生みたいな気持ち。だから、女の子(の出演者)たちとはご飯に行かなかった」と明かしました。

そして、昨年の大みそかに木下優樹菜と離婚した、藤本敏史に「フジモン、頑張れ~」とエール。「あいつ、泣き虫やんか。あいつと電話する時、いっつも泣いてるんや。結婚する時、離婚する時、俺がやめる時。泣き虫だから、テレビで泣いたらいい。週に2、3回くらい。個性やん。“泣きの藤本”で。みんな、頑張ってほしい」と話しました。



■島田紳助さん「ヘキサゴンだけは下心がなかった」

s000

歌手でタレントのmisono(35)が13日、自身のYouTube「misonoチャンネル」に元タレント島田紳助さん(63)の動画をアップした。11日に大阪で撮影したもので、友人の山田親太朗(33)とスリーショットで登場した。島田さんの動画は11年8月に暴〇団との「黒い交際」を理由に引退してから初めて。

島田さんは、misonoや山田も出演していた、自身が司会をしていたフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」について「人生で一番幸せな番組でした。楽しかった、幸せだった」と振り返った。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

島田紳助さん「ヘキサゴンだけは下心がなかった」

■【神回】misonoの為に!?島田紳助さんが特別に出演して下さいました…~復帰ではありません~前編【ヘキサゴン】


このニュースに対しネットでは、「多くの人が、島田紳助というタレントを気味悪く感じ始めたのがあの番組だったような…」「新撰組リアンっていう紳助プロデュースの番組内アイドルユニットが紳助のことを「お父ちゃん」呼びしてるのがキモすぎて見るのやめた」「ヘキサゴンは「島田紳助と愉快な仲間たち」って感じだったから、自分達が楽しいと思う事だけやって楽しんでる様が見てられなかった」「隠居は英断だったと思う。それと今出てきてももう駄目だと思う。だから隠居を続けるのが最適解だと思う」「あの番組、最後の方は宗教みたいでしたよね」との反応。

■関連記事
島田紳助さん、現在の芸能界の風潮をチクリ 「不倫をしたらアカンとか、芸能人のなりてなくなるで」
misono 「逆に何の病気だったら良かったのでしょうか」 メニエール公表前の心境つづる