松本紳助 (幻冬舎よしもと文庫)ダウンタウンの松本人志が、2011年に芸能界を引退した元タレントの島田紳助さんが歌手・misonoのYouTube番組に出演したことについて、19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、「僕と一緒にやってほしい」と感想を述べました。

「この方(紳助さん)がいなかったら僕はここにいないと思います」という松本は「僕はもう単純に、こんなことが許されるなら、僕と一緒にやってほしいですよ。というか、YouTubeじゃなくても、普通にやりたいですけどね、僕はね」と、紳助さんとの再共演を熱望。

紳助さんから引退を知らされた時の衝撃を「僕もう殴られたような」と、生々しく振り返った松本。健在を示した今回の紳助さんのトークの内容を踏まえて「だからこそですよ、このままホントにね、表に出なくていいのかなっていう…」と、復帰を待ち望む心境をにじませました。



■松本人志 島田紳助さんのYouTube出演に「僕と一緒にやってほしい」

m000

 ダウンタウンの松本人志が、2011年に芸能界を引退した元タレントの島田紳助さんが歌手・misonoのYouTube番組に出演したことについて、19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、「僕と一緒にやってほしい」と感想を述べた。

 「この方(紳助さん)がいなかったら僕はここにいないと思います」という松本は「僕はもう単純に、こんなことが許されるなら、僕と一緒にやってほしいですよ。というか、YouTubeじゃなくても、普通にやりたいですけどね、僕はね」と、紳助さんとの再共演を熱望。松本と紳助さんはかつて、日本テレビで「松紳」という番組を持っていた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

松本人志 島田紳助さんのYouTube出演に「僕と一緒にやってほしい」

■【神回】misonoの為に!?島田紳助さんが特別に出演して下さいました…~復帰ではありません~前編【ヘキサゴン】


このニュースに対しネットでは、「別にテレビでやらなくていいよ。それこそ松ちゃんお得意のAmazonでやるとか、YouTubeに進出してそっちでやればいい。それなら多分見る。でもテレビはもういい。せっかく面白い二人なのに、出て来なくていいとか、否定的な声が気になって楽しく見られへん」「テレビでやる必要性がもうない。本当にない。テレビはスポンサーが作るから制約が多い。YouTubeは視聴者に合わせて広告が出てくるから、何をやってもいい。この差は大きい」「世話になった人からすればイイ人なんでしょうね。世話になったから、可愛がったから復帰して欲しい。宮迫の件もそうなんでしょう。変わるべきは会社じゃなく中の芸人では?」との反応。

■関連記事
島田紳助さん 「ヘキサゴンだけは下心がなかった」
島田紳助さん、現在の芸能界の風潮をチクリ 「不倫をしたらアカンとか、芸能人のなりてなくなるで」