おくりびと [DVD]エッセイストの内田也哉子さん(43)が7日放送のTBS「ぴったんこカンカン」(金曜後8・00)で、夫の俳優・本木雅弘(54)の知られざるエピソードを明かしました。

也哉子さんは19歳だった1995年に本木と結婚。2人が出会うきっかけをつくったのは昨年3月に亡くなった父・内田裕也さんで、也哉子さんが15歳の時に父に呼び出されて六本木の寿司店に行くと、たまたまその場に本木も同席していたという。

夫・本木について、自身や両親とは違う遺伝子を持った「異分子」と表現する也哉子さん。そんな本木は、2011年5月に裕也さんが逮捕された際、冷静かつ的確な対応でダメージを最小限にとどめたという。「お父さんがまたやらかした」と逮捕後すぐに家族会議が開かれたが、本木は也哉子さんや義母・樹木希林さんに対して「凄く冷静に」善後策を指示。「樹木さんは即座に記者会見を開きましょう」と対応を「全部指令してくれた」とのことです。



■あの肝っ玉会見は本木雅弘の提案だった…妻・也哉子さん明かす「凄く冷静に、全部指令してくれた」

m000

 エッセイストの内田也哉子さん(43)が7日放送のTBS「ぴったんこカンカン」(金曜後8・00)で、夫の俳優・本木雅弘(54)の知られざるエピソードを明かした。

 也哉子さんは19歳だった1995年に本木と結婚。2人が出会うきっかけをつくったのは昨年3月に亡くなった父・内田裕也さんで、也哉子さんが15歳の時に父に呼び出されて六本木の寿司店に行くと、たまたまその場に本木も同席していたという。本木は当時、裕也さんが主演・企画・脚本を手掛けた映画「魚からダイオキシン!!」に出演していた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

あの肝っ玉会見は本木雅弘の提案だった…妻・也哉子さん明かす「凄く冷静に、全部指令してくれた」

■週刊文春WOMAN Twitter

このニュースに対しネットでは、「本木さんは、役者としても凄いが、人間性も素晴らしいんだよね」「本木さんが結婚した当時は、芸能界にはもっと綺麗な人がいるなかでなんで?って思ったけど、モッくんは、人間性を見て惹かれたんだって思った。希林さんそっくりで、素晴らしい人間性だなぁって思った」「高校生にプロポーズすごいが、でも最善の選択だったんではないかな。まともに初めて見たが、すごくしっかりしてるしセンスの良さを感じた」「単に自分がのし上がるための結婚じゃなかったところにもっくんの素晴らしさがあると思う。あんなめちゃくちゃな義父にも終生尊敬の意を持ってたようだし。素晴らしいご夫婦だと思う」との反応。

■関連記事
「麒麟がくる」“悪モックン”にネット震撼 本木雅弘は自身重ね 「我ながらゾッと」
【NHK大河ドラマ】 2020年放送 「麒麟がくる」 岡村隆史、沢尻エリカ、染谷将太、本木雅弘ら追加出演者発表