Go with the Flow (初回限定盤B)木村拓哉(47)が8日、東京・代々木第1体育館で、初のソロライブツアーの初日を迎えました。自身初のワンマンライブで、主演したドラマの主題歌を含む20曲を熱唱。詰めかけた1万2500人のファンを魅了しました。

木村は、ステージ下から飛び出して大ジャンプするポップアップを決め、木村は1曲目からド派手に登場。「NEW START」を熱唱し、「ようこそ! そして、お待たせしました。まさかいま一度、皆さんの前で、こんなに近い距離で、こういう場所に立てるとは思いませんでした」と感慨深げにスピーチしました。

ライブは、先月発売の初ソロアルバム「Go with the Flow」をひっさげ、「等身大の木村拓哉」をテーマに構成。93年の「あすなろ白書」の「True Love」や96年の「ロングバケーション」の「LA-LA-LA LOVE SONG」など、主演ドラマの主題歌も披露。「SHAKE」「夜空ノムコウ」などSMAPの楽曲も歌いました。



■木村拓哉初ソロツアー さんま後押しで歌ったあの曲

k000

木村拓哉(47)が8日、東京・代々木第1体育館で、初のソロライブツアーの初日を迎えた。

自身初のワンマンライブで、主演したドラマの主題歌を含む20曲を熱唱。詰めかけた1万2500人のファンを魅了した。関係者席からは明石家さんま(64)ら豪華な面々が見守った。

ステージ下から飛び出して大ジャンプするポップアップを決め、木村は1曲目からド派手に登場した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

木村拓哉初ソロツアー さんま後押しで歌ったあの曲

■【公式】木村拓哉 Flow Twitter

このニュースに対しネットでは、「キムタクはSMAPの曲歌えるけど他の元メンバーはダメなんだね」「「楽曲は、アーティストだけのものじゃない。皆さんとの共有物や」それなら新しい地図にも歌ってほしいなぁ」「ファンにとっては嬉しいニュースなんだろうけれど、やはりSMAPの解散が残念だったので何となく一人で笑うキムタクを見るのは寂しい」「稲葉さんから言われてソロデビューすることにしたとか、さんまさんから言われてSMAPの曲を歌うことにしたとか、他人を出汁にして自分を正当化するのはやり方としてどうだろう」「世界に一つだけの花だけは5人で歌う為にひとりで歌わないでほしい」との反応。

■関連記事
「グランメゾン東京」 最終回に 「木村拓哉さすが」 「木村くんの演技はやっぱり別格」 続編望む声も
木村拓哉 司会からの思わぬ質問に固まる 「何か問題ありました?」