君が好きだよ高須クリニックの高須克弥院長が22日、ツイッターに投稿。事実婚状態にある漫画家の西原理恵子氏が、米国で流行しているとされるインフルエンザについて、新型コロナウイルスではないのかと早くから指摘していたことを明かしました。

高須氏は「西原理恵子は当初から『アメリカで流行っているインフルエンザって中国で流行り初めたコロナとかいうやつと同じゃね?スーパーチューズデーにはえらいことになるんじゃね?』」と言っています」と投稿。

「素人の勘恐るべしと感じるかっちゃんなう」とツイートしました。



■高須克弥氏 西原理恵子氏が当初から米国インフルを新型コロナではと指摘していた

t000

 高須クリニックの高須克弥院長が22日、ツイッターに投稿。事実婚状態にある漫画家の西原理恵子氏が、米国で流行しているとされるインフルエンザについて、新型コロナウイルスではないのかと早くから指摘していたことを明かした。

 高須氏は「西原理恵子は当初から『アメリカで流行っているインフルエンザって中国で流行り初めたコロナとかいうやつと同じゃね?スーパーチューズデーにはえらいことになるんじゃね?』」と言っています」と投稿。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

高須克弥氏 西原理恵子氏が当初から米国インフルを新型コロナではと指摘していた

■高須克弥 Twitter

このニュースに対しネットでは、「ハワイから帰ってきた日本人夫婦がなぜかコロナウイルスに罹患したってニュースが出た時に「あれ?」ってなったんだけど、そういう指摘する人は少なかったなぁ」「米国では風邪のような症状では例え38度を超える発熱で、どんな医者に診てもらっても薬は処方されないし、指示は休んで水分を大量に取ることしかない。タミフルも発症後1-2日のみ。抗生物質は基本効き目無し。これがCDCやFDAの見解で米国で常識。費用の問題ではなく、治療の方針。よって米国のインフルの中身はわからないし、コロナの可能性も高い」との反応。

■関連記事
高須克弥院長 スイスの安楽死協会から会費の請求
「武漢出身者でなくても怖い」 高須院長、来日中国人4人の失踪に遺憾の意