人志松本のすべらない話 第32回大会 完全版 [DVD]ダウンタウンの松本人志(56)が23日放送のフジテレビ「ワイドナショー」に出演。新型コロナウィルスの感染拡大について言及しました。

松本は「そもそも日本は被害者の国だったのに、そのあとの対応の悪さで、ちょっと加害者みたいになっているのが悲しいし、悔しい」と指摘。

感染拡大を受け、さまざまなイベントが中止されるなど、経済的な損失も多く出ている件について、「イベントの中止が赤字になったりとか、こんなちょっと中国に補償してほしくないですか?」と訴える場面もありました。



■松本人志「日本が加害者みたいになって悲しい」 新型コロナ感染拡大で

m000

 ダウンタウンの松本人志(56)が23日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。新型コロナウィルスの感染拡大について言及した。

 松本は「そもそも日本は被害者の国だったのに、そのあとの対応の悪さで、ちょっと加害者みたいになっているのが悲しいし、悔しい」と指摘した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

松本人志「日本が加害者みたいになって悲しい」 新型コロナ感染拡大で

■NHKニュース Twitter

このニュースに対しネットでは、「船の中は船籍国のイギリスなので第一次責任はイギリスにあります。最初からイギリスに責任を求めて日本は協力者の立場を取れば批判は避けられたと思う。イギリスは殆ど無関心を装い責任逃れがうまかった」「初期の対応悪かった。感染拡大しつつある今になって イベントなど中止になりだす。このまま 感染拡大に歯止めがかからなければ、オリンピックも中止になるのか?」「安倍政権の対応が悪すぎるのが前提だが、各国メディアは事実を正確に伝えて欲しい。衛生対策の不味さは確かに日本が反省すべきことだが、そもそもの原因は中国にある。しがらみを抜きにして、フェアに報道してもらいたい」との反応。

■関連記事
指原莉乃 イベント中止判断の事業者任せは 「責任が大きすぎる」
高須克弥氏 西原理恵子氏が当初から米国インフルを新型コロナではと指摘していた