84歳の母さんがぼくに教えてくれた大事なことパリ在住の作家でミュージシャンの辻仁成が26日、ツイッターを更新し、知人の子供が通うフランスの学校でローマに旅行した女子児童が追い返され自宅待機を命じられたとつぶやきました。

辻はツイッターにブログを添付。知人の子供が通う小学校でイタリア・ローマに出かけた女子児童を「先生が追い返した」といい、その女子児童は結局2週間自宅待機することになったのだという。

またそのブログによると、「パリ近郊のある私立小学校は2週間のバカンス明けに、学校全体がもう2週間の休校を決めた」とも記されており、辻は「日本は政治が機能していないのか、あまりにのんびりとしている。むしろ今の日本の方が異常なのかもしれない」ともつづっています。



■辻仁成「今の日本の方が異常なのかもしれない」 新型コロナ、パリ近郊小学校も「休校を決めた」

t000

 パリ在住の作家でミュージシャンの辻仁成が26日、ツイッターを更新し、知人の子供が通うフランスの学校でローマに旅行した女子児童が追い返され自宅待機を命じられたとつぶやいた。

 辻はツイッターにブログを添付。お世話になっている知り合いの親子が自宅に遊びに来たといい、その中の会話で、子供が通う小学校でイタリア・ローマに出かけた女子児童を「先生が追い返した」という。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

辻仁成「今の日本の方が異常なのかもしれない」 新型コロナ、パリ近郊小学校も「休校を決めた」

■辻仁成 Twitter

このニュースに対しネットでは、「陸続きの欧州は大昔から疫病にやられて来たから、危機感は違うだろうね。いちいち日本ハー日本ガーはいらない。まあ、日本政府はせめて春節での入国規制はするべきだった」「海外の迅速な対応が羨ましい」「日本はすでに行きたくない。来てほしくない国になっているということだね。オリンピックやばいね」「共働きの家庭は大変かもしれないが、春休みを前倒しして学校を休みにした方が良いのではと思う」「その時点、その時点で無駄とかオーバーセキュリティと思っても考えられる最高の手段を繰り返すことだわな。あとで振り返ってあれも出来たこれもすれば良かったではいかん」との反応。

■関連記事
辻仁成が現地報告 フランスでのアジア人への 「差別行動」 拡大
辻仁成、ベッキーの不倫騒動 … フランスでの報道を明かす 「要するに男尊女卑じゃないかと」