時間革命 1秒もムダに生きるな「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が21日、ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルスの感染拡大により、米国や英国でも経済活動の自粛が本格的になってきたという報道を引用して、「やりすぎ感」「ヒステリーになってるな」などと危惧しました。

米東部ニューヨーク州やシカゴを抱える中西部イリノイ州などが20日に住民に不要不急の外出を避けるよう求める措置の導入を発表し、企業には在宅勤務を義務付けました。西部のカリフォルニア州では既に外出禁止令が出ています。堀江氏は「やりすぎ感。もう経済対策とかどうでもいいと思うくらいの集団ヒステリーになってるな…」と指摘。

一方で、世界の超富裕層が株式を爆買いしている現状を報じたニュースを引用。堀江氏は「そして潰れる会社をタダ同然で買い叩けるチャンスでもある」とつづりました。



■堀江氏が経済活動自粛に「やりすぎ感」「潰れる会社をタダ同然で買い叩けるチャンス」

h000

 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏が21日、ツイッターに新規投稿。新型コロナウイルスの感染拡大により、米国や英国でも経済活動の自粛が本格的になってきたという報道を引用して、「やりすぎ感」「ヒステリーになってるな」などと危惧した。

 米東部ニューヨーク州やシカゴを抱える中西部イリノイ州などが20日に住民に不要不急の外出を避けるよう求める措置の導入を発表し、企業には在宅勤務を義務付けた。西部のカリフォルニア州では既に外出禁止令が出ている。堀江氏は「やりすぎ感。もう経済対策とかどうでもいいと思うくらいの集団ヒステリーになってるな…」と指摘した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

堀江氏が経済活動自粛に「やりすぎ感」「潰れる会社をタダ同然で買い叩けるチャンス」

■堀江貴文 Twitter

このニュースに対しネットでは、「確かにそうだと思うが、株式投資の本質がズレているので、マネーゲームになってる。本来『投資』は企業に期待し資金的に応援する行為。下がったから買う、上がったから売る。本来そういうものではない」「確かに自粛の風潮は行き過ぎだと思う。「自粛」と言えば聞こえはいいが実際はただの社会圧力だ」「コロナで潰れるかも知れないが、新しいビジネスや社会構造を変えるチャンスでもあると思うね」「決定的な分析が欠けている。アメリカには国民皆保険制度が無いので、罹っていても病院に行こうとすらしない人間も多い。(日本との決定的な違い)アメリカ政府がこういう対応をせざるを得ないのは仕方ない」との反応。

■関連記事
LA在住のYOSHIKIが謝罪 「海外渡航中止勧告で日本の仕事が全てキャンセル…申し訳ありません」
ハワイ在住吉川ひなの、コロナ対策 「徹底、すごい」