100日後に死ぬワニ (ゲッサン少年サンデーコミックス)漫画家のきくちゆうき氏が22日、ツイッターを更新。昨年12月からSNSで毎日更新されて大反響となった4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」の制作過程ついて「1人で始めたこと」などと明かしました。

同作は20日夜に最終回をアップ後、書籍化やグッズ・イベント発売と共に「映画化決定」を発表したことを受け、ツイッターでは「急に金の生臭い感じがしてきた」、「違和感」など批判的な声が相次ぎました。

きくち氏は「自分の経験したことや、後悔、伝えた方がいいと思うことを漫画として表現しました。1人で始めたことです」と経緯を説明したうえで、映画化などについて「そこにいろんな人が声をかけてくれて、熱意を感じて受け入れました。正直、まだ完結もさせてないのに、そんなこと言ってこの人たち大丈夫なの?と思いました」と、つづりました。



■「ワニ」作者きくち氏が繰り返し強調「自分1人で始めました」

w000

 漫画家のきくちゆうき氏が22日、ツイッターを更新。昨年12月からSNSで毎日更新されて大反響となった4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」の制作過程ついて「1人で始めたこと」などと明かした。

 同作は20日夜に最終回をアップ後、書籍化やグッズ・イベント発売と共に「映画化決定」を発表したことを受け、ツイッターでは「急に金の生臭い感じがしてきた」、「違和感」など批判的な声が相次いだ。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

「ワニ」作者きくち氏が繰り返し強調「自分1人で始めました」

■きくちゆうき Twitter

このニュースに対しネットでは、「終わりがあるから儚い人生を噛み締めようって話なのに、最後を迎えてしんみりしてたらいきなり商売としてプロモーションで大々的に生き返ってきたら、この物語はなんだったの?って反感おきるのは当然だと思う」「むしろ「有名歌手とのコラボも、グッズの大量生産・販売も、映画化も、何箇月も前から準備してましたが何か?」と堂々と言ってくれた方がいい」「結局、生死を扱って受け手側に色々考えて下さいって話なのにその時間も与えず最終回直後に色々出て来てげんなりしたって人が多かったんだと思う。周りの方が世間が盛り上がってる内にビジネスに繋げたかったんだろうけど、タイミング悪かったね。ジワジワ盛り上げて一定期間おいてからの方が成功したかも」との反応。

■関連記事
『100日後に死ぬワニ』 “電通案件” ではない きくちゆうき氏&いきもの水野がうわさ否定