120歳まで生きたいので、最先端医療を取材してみた (祥伝社新書)ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)が22日、自身のツイッターを更新。楽天の三木谷浩史会長兼社長(55)が投稿した新型コロナウイルスの対応について、異を唱えました。

三木谷氏は21日に「海外がPCR検査を積極的にすすめる中、日本はかなり新型コロナ検査が遅れており、このままでは信頼感がなくなる。非対面やドライブスルーで検査し、まず初診はスマホを使った遠隔医療するべき。現在の法律では、初診は対面が必須と真逆。欧州のような事態にならないように、政府が動くのは今しかない」と投稿。

堀江氏はこのツイートを引用し「検査したところで感染対策にはならない。気休めのために大金使うの反対」と反対しました。



■ホリエモン、三木谷浩史氏の新型コロナ対策案に反対「そういうの三木谷さん考えられんのかなー笑笑」

h000

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)が22日、自身のツイッターを更新。楽天の三木谷浩史会長兼社長(55)が投稿した新型コロナウイルスの対応について、異を唱えた。

 三木谷氏は21日に「海外がPCR検査を積極的にすすめる中、日本はかなり新型コロナ検査が遅れており、このままでは信頼感がなくなる。非対面やドライブスルーで検査し、まず初診はスマホを使った遠隔医療するべき。現在の法律では、初診は対面が必須と真逆。欧州のような事態にならないように、政府が動くのは今しかない」と投稿。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ホリエモン、三木谷浩史氏の新型コロナ対策案に反対「そういうの三木谷さん考えられんのかなー笑笑」

■堀江貴文 Twitter

このニュースに対しネットでは、「たとえ正しいことを言っても彼が言うとただの批判に聞こえる。まずは人を小馬鹿にした言い方をやめないと。頭もいいし金もあるんだろうけど、人としてが大きく欠落した感じがする」「堀江さんの発言は、聞いた後にザラリとした不快感が残る。平時は気にならないが、こういう時にあまり聞きたくないなと思ってしまう。内容よりも、話し方なのかな。。」「この人の考え方を突き詰めると、免疫力の強い人は免疫力の弱い人のために自分の自由を犠牲にする必要はないということだね。新型は発症しなくても他人に移すことがあることを知らないのなら別だが。つまり弱肉強食の理論、カネの話ならそれでいいかもしれないが、社会の保健問題については、それではダメだ。」との反応。

■関連記事
杉村太蔵 1人当たり現金10万円の経済対策案に「公務員や年金をもらっている人たちにまで…」
松本人志、新型コロナの感染拡大で経済的影響への打開策を提言…「ある程度、もらっている人たち以外は今年は減税しかない」