交渉人~THE NEGOTIATOR~ [DVD]女優の米倉涼子(44)が、デビューから30年近く所属したオスカープロモーションを退社、独立すると『女性セブン』が報じています。

仁義に厚い米倉は“育ての親”である事務所社長と昨年から話し合いを続け、お互いが納得する形での円満退社へ。

オスカーとの契約は3月31日をもって満了となり、4月以降、米倉は個人事務所の社長になります。



■米倉涼子が電撃独立 マネジャーなし、海外への意欲も

y000

 女優の米倉涼子(44才)が、デビューから30年近く所属したオスカープロモーションを退社、独立することが『女性セブン』の取材で分かった。オスカーとの契約は3月31日をもって満了となり、4月以降は個人事務所を設立して、芸能活動を続けていく。

 米倉は小さい頃からバレエに親しみ、高校時代にオスカーが主催する第6回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞した。モデルとして活動していたが、その後、女優業に専念。『黒革の手帳』(テレビ朝日系)などで悪女を演じて話題となった。2012年からはじまった『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(同)シリーズは彼女の代表作となり、「私、失敗しないので」の決め台詞はあまりにも有名になった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

米倉涼子が電撃独立 マネジャーなし、海外への意欲も

■Doctor-X 外科医・大門未知子(テレビ朝日公式) Twitter

このニュースに対しネットでは、「どんなに円満を強調しても皆さんもご存知のように、退職や転職には建前とは異なる理由がある。何も問題や不満が無ければ、辞めたり独立したりする必要は無い」「ついにオスカーも終わりか。ここ最近の辞めて行った人たちを見れば会社としてダメなのは歴然」「これは完璧にオスカーで何かが起こってますね。米倉涼子はさすがにないと思ってた。びっくりです」「自分の実力を試してみたくなったのだと思う。人生はいっかいきり、良いことだと思いますよ」「上戸彩の後継者を育てないとオスカーも看板がいなくなりそう。でも事務所関係なく実力で選ばれる時代になって欲しいとは思う」との反応。

■関連記事
米倉涼子 低髄液圧症候群を告白 「ドクターX」 出演危機だった…現在は回復
米倉涼子 「ドクターX」 のギャラは1話あたり500万円と推定