炎上上等 (扶桑社新書)高須クリニックの高須克弥院長が25日、ツイッターに新規投稿。愛知県豊川市が友好都市の中国・江蘇省無錫市新呉区に2月に支援物資としてマスクを贈り、今度は中国側が「返礼」として豊川市にマスクを送ってくれることになったことについて「みっともない」と投稿しました。

豊川市はマスク不足になり、3月24日に新呉区にマスクの融通を求めていました。高須院長は、中国側が「お返ししたい」との意向を表した記事を引用。

「予想した通りになった。豊川市はやせ我慢の美学がわからんらしい。みっともない」と投稿しました。



■高須院長 マスク求めた豊川市に「やせ我慢の美学わからんらしい」

t000

 高須クリニックの高須克弥院長が25日、ツイッターに新規投稿。愛知県豊川市が友好都市の中国・江蘇省無錫市新呉区に2月に支援物資としてマスクを贈り、今度は中国側が「返礼」として豊川市にマスクを送ってくれることになったことについて「みっともない」と投稿した。豊川市がマスク不足になり、3月24日に新呉区にマスクの融通を求めていた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

高須院長 マスク求めた豊川市に「やせ我慢の美学わからんらしい」

■高須克弥 Twitter

このニュースに対しネットでは、「結果として同じことをしてもらったにしても、一度好意で贈ったものを「返して」と言うのがおかしいと気づかん?贈ったものは贈ったもの。ここは素直に「余裕があったら助けてください」でよかったんじゃないのか?」「そもそも先読みできずにホイホイとマスクをあげたのが間違い。市長は目先しかみてない。まぁ市の長としてはどうだろうね?あと要請するなら県や国にまずお願いしたら?」「せめて贈り物をしたところ以外に頼るべきだったんじゃね。やっぱ返してって恥ずかしすぎる。マスク需要の地域のズレはあっただろうが、今どきでは個人がアマゾンで価格は割高だが中国産の見つけられる。恩を売ったつもりで恩を売られてしまった感じ」との反応。

■関連記事
前澤友作氏 政府の現金給付報道に持論 「富裕層から税金を臨時徴収する方が効率良いのでは」
ホリエモン、聖火ランナーアスリート自粛に 「そんな奴二度と聖火ランナーやるなって思うわ」