久米宏です。 ニュースステーションはザ・ベストテンだったフリーアナウンサーの久米宏(75)が28日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」で、新型コロナウイルスによる感染拡大防止のため、東京都の小池百合子知事が出した週末の不要不急の外出自粛要請に、物申しました。

この日、「今日出掛ける時に、自分は不要不急かどうか、どうしようかなと思ってね」と冗談交じりに話した久米。都内の感染者が40人を越えたことやスーパーマーケットが混乱した状況は、「皆さんお気づきでしょうが、東京オリンピックの延期がほぼ正式に発表された直後から、すべて始まったんです」と解説。

そして「つまり、東京オリンピックの開催に関する東京の街のイメージダウンに関する情報は、それまでめいっぱい抑えてきた。で、延期が決まった瞬間、何でもかんでも発表して、まぁ感染者の数字なんてねぇどうでもコントロールできますから。最後が合えばいいんですから。これはねぇ、東京のイメージダウンになる情報はなるべく発信しないようにしようという意思が働いて、延期が発表されるまで抑えられていたんじゃないかという邪推ではない、これはかなり確信をもって、情報のコントロールがされていたんじゃないかなぁと思います」と続けました。
 



■「全ては五輪延期が発表されてから…」久米宏が『外出自粛要請』の裏事情「かなりの確信」持って語った

k000

 フリーアナウンサーの久米宏(75)が28日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」(土曜午後1時)で、新型コロナウイルスによる感染拡大防止のため、東京都の小池百合子知事が出した週末の不要不急の外出自粛要請に、物申した。

 この日、「今日出掛ける時に、自分は不要不急かどうか、どうしようかなと思ってね」と冗談交じりに話した久米。都内の感染者が40人を越えたことやスーパーマーケットが混乱した状況は、「皆さんお気づきでしょうが、東京オリンピックの延期がほぼ正式に発表された直後から、すべて始まったんです」と解説。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

「全ては五輪延期が発表されてから…」久米宏が『外出自粛要請』の裏事情「かなりの確信」持って語った

■久米宏 ラジオなんですけど Twitter

このニュースに対しネットでは、「みんなそう思ってますよ。そもそも東京の感染者の数字がオリンピック延期が決まるまで少なかったことがおかしいってみんな思ってましたからね。都民の健康よりもオリンピック開催が大切だったってことでしょう。国も都も」「なるほど。確かにその通りだな。大阪が先週発表したのに1週間遅れたからな。悪い言い方すると、オリンピックのために都民の健康を犠牲にした、ってことか」「諸外国より明らかにPCR検査数が少ないことが明らかになっている。首相会見でもそれを認め、検査数を増やすよう促していると発言。ということは。裏を返せば「行政のどこかがPCR検査をあえて絞っていた」ということの裏付けだ。つまり情報操作」との反応。

■関連記事
コンビニコーヒーが高級ホテルのコーヒーより美味しい理由 久米宏、壇蜜も納得
佐野史郎 「久しぶりの美和と冬彦」 賀来千香子との2ショット公開