HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル29日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった東京五輪パラリンピックについて特集しました。

今回の事態にダウンタウンの松本人志は「僕はあえてポジティブに考えたい」とコメント。

「コロナである種、世界がどこかひとつになっているところがありますから。これを克服した第一発目の五輪ですから尋常なく盛り上がってほしいなと思います」と願いました。



■松本人志、東京五輪の延期に「あえてポジティブに考えたい。コロナを克服した第一発目の五輪ですから尋常なく盛り上がって欲しい」

m000

 29日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、新型コロナウイルスの感染拡大で延期となった東京五輪パラリンピックについて特集した。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

松本人志、東京五輪の延期に「あえてポジティブに考えたい。コロナを克服した第一発目の五輪ですから尋常なく盛り上がって欲しい」

■松本人志 Twitter

このニュースに対しネットでは、「影響力がある人には、こういうポジティブな発言をもっとしてもらいたい。日本中でどんよりとして、批判の応酬やじっと耐えろばかりで、何も前進していない毎日を過ごす中で、こういうポジティブな意見はほとんど聞かない。日本全体でエネルギーを持ってこの問題に対処していかないといけないと、と思った」「これはそう思う。その為にもなんとか早く終息の道筋をつけてほしい。今色々名前が出てる薬に一定な効果が認められれば、不安な心理が少しづつ解消するはずだけど」「さすがです。たぶん物凄い量の言葉が頭の中で回転されているのだとおもいます。そして、その中から、一つ一つの言葉を選んで良い発言をしてくれる。本当にすごいと思う。本当にこうなることを期待したい」との反応。

■関連記事
田中みな実、終わり見えない“自粛ムード”に 「いつまで頑張れば…」
「全ては五輪延期が発表されてから…」久米宏が『外出自粛要請』の裏事情「かなりの確信」持って語った