ん!?脚本家の宮藤官九郎(49)が新型コロナウイルスに感染したことが31日、明らかになりました。

大人計画の公式サイトが発表したもので腎盂炎の治療を受けていたといい、この日になって感染が判明。症状は発熱だけだという。

宮藤は「まさか自分が、と過信してしまいました。罹った今も、なんで自分が?と信じられない気持ちです。腎盂炎の腰の鈍痛も消え、さあこれから…という時に。チケットを買って下さった皆さまにも、役者、スタッフにも、家族にも、悲しい思いをさせてしまい、本当に申し訳ございません。幸い、落ち込んだり、泣いたりする体力はあるし、肺炎や風邪の症状も今はありません。少しでも早く、元気な姿をお見せ出来るよう、治療に専念します」としています。


■宮藤官九郎、コロナウイルス感染 「まさか自分が、と過信してしまいました」

k000

 脚本家の宮藤官九郎(49)が新型コロナウイルスに感染したことが31日、明らかになった。大人計画の公式サイトが発表した。腎盂炎の治療を受けていたといい、この日になって感染が判明した。症状は発熱だけだという。

 30日に宮藤が演出するウーマンリブ「もうがまんができない」(東京・本多劇場)の初日が4月2日から14日に延期されることが発表されていた。宮藤のコメントは以下の通り。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

宮藤官九郎、コロナウイルス感染 「まさか自分が、と過信してしまいました」

■宮藤官九郎 instagram


このニュースに対しネットでは、「まさか自分が、と思った罹患者はたくさんいるでしょう。だから、その言葉に耳を傾け、真摯に受け止め、今からでもいいから出来る事をしていきましょう。自分も含め。罹患して良い事は何もないから」「大御所、若手、そして中堅と芸能界の各年齢層で感染している。このまま拡大したらドラマ収録中断、急な番組編成などテレビ界影響必至」「発熱だけで検査受けられるんだ」「一般人有名人隔てなく感染者はどんどん増える。間違いなく来年の夏なんかに事態は沈静化してないと思う。よって東京五輪は再来年以降、だな」との反応。

■関連記事
百田尚樹氏 「生活保護の人に給付金を出すのは反対!」 と主張
ホリエモン 「公開イベントは今後一切やりません」