玉川徹のちょっと待った!総研3日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、世界的に流行する新型コロナウイルス感染症について特集しました。

コメンテーターで同局の玉川徹氏は「敢えて言いますけど、例えばこれだけ大変だって言っているのに出歩いて飲みに行っているような人たちが感染した時にちゃんと気をつけたのに感染した人と等しく医療は受けられるんです日本の場合は。医療は平等ですから」と指摘。

その上で「だけど、その平等にあぐらをかいてそういう風な人たちがいるのはマジメにやっている人からすると腹立たしい。えてしてそういう人たちが広げるんだもん、また。そうすると一生懸命、家にいて、マジメに守っている人は、基本的にかからない。だけど、そういう人だって外に行かないといけないこともあるし…何か僕は不公平な気がします」と持論を展開しました。


■玉川徹氏「飲みに行っている人たちと気をつけたのに感染した人が等しく医療を受けられる。不公平な気がする」

t000

 3日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)で、世界的に流行する新型コロナウイルス感染症について特集した。

 番組では2日に東京都で最多の97人が感染したことを伝え、6歳未満の男の子が重症になったことを報じた。スタジオで元国立感染症研究所研究員で白鴎大教授の岡田晴恵氏がさらなる外出の自粛を呼びかけた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

玉川徹氏「飲みに行っている人たちと気をつけたのに感染した人が等しく医療を受けられる。不公平な気がする」

■新型コロナクラスター対策専門家 Twitter

このニュースに対しネットでは、「そこは共感します。気をつけていた、自己管理していた人と、自制もせず、感染を広めていた可能性すらある人が同じ扱いは納得いかない」「更に言えばそういう場に一緒にいた輩は症状が出てなくても検査でき、濃厚接触者ではない方はコロナの症状があらわれていても検査は容易には受けられない。この矛盾というかシステムの馬鹿らしさ何とかならんか?」「そんなこといい出したら病気なんてなんだってそうだろう。喫煙の習慣がある人とない人が同じ癌治療を受けられないのは不公平?飲酒の習慣がある人は?甘いものに目がない人は?運動が嫌いな人は?そもそも誰がどれだけ気をつけてるかなんてどうやって比べると言うんだろう。いまは誰かを非難することを優先する時ではない」との反応。

■関連記事
「千鳥」 大悟、志村さん死去後の近影ショットにファン 「顔が見れてホッ」 「クマが凄い気が」
発熱、痰などで自宅隔離の橋下徹氏 仕事復帰番組を 「ドタキャン」 …声かすれ出にくく