知ろうとすること。(新潮文庫)コピーライター糸井重里氏(71)が、新型コロナウイルスをめぐる世論に対する「つらい」心境を吐露したツイートが、ネット上で賛否を呼んでいます。

糸井氏は9日、ツイッターを更新。「わかったことがある」と書き出し、「新型コロナウイルスのことばかり聞いているのがつらいのではなかった。ずっと、誰かが誰かを責め立てている。これを感じるのがつらいのだ」(原文ママ)とツイート。

このツイートに、「ホント、そう思います。批判ばかりでウンザリです…」「本当にその通りですね!敵はコロナです。人ではない」といった賛同の声とともに、「責め立てる?悲鳴です。このままでは野垂れ死にしかないという悲鳴です」「殆どの人は、政府のやり方に怒って責めてるのに、誰かが誰かを…と、ぼやかして綺麗事にしてるだけ」といった反論も上がっています。


■糸井重里氏のコロナウイルス問題ツイートに賛否両論

i000

コピーライター糸井重里氏(71)が、新型コロナウイルスをめぐる世論に対する「つらい」心境を吐露したツイートが、ネット上で賛否を呼んでいる。

糸井氏は9日、ツイッターを更新。「わかったことがある」と書き出し、「新型コロナウイルスのことばかり聞いているのがつらいのではなかった。ずっと、誰かが誰かを責め立てている。これを感じるのがつらいのだ」(原文ママ)とつづった。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

糸井重里氏のコロナウイルス問題ツイートに賛否両論

■糸井 重里 Twitter

このニュースに対しネットでは、「個人的には、考えの浅い人間が増えたというか、身勝手な人間が増えたなぁと改めて感じるのが辛い」「まあ海外からウイルスを持ち込んだ人とか自粛の風潮を意に介さない人とか政府のやり方とか不満爆発するのは分かるけど、人を責める前に先ず自分ですよ、清潔にして栄養睡眠しっかりしてさ」「同意ですね。連日批判報道ばかりでウンザリ。政府が指示してくれないと、自分がどうすればいいかも判断できないのか。政府がダメだと考えるなら自分の身は自分で守るしかない」「誰も正解が分からないんだから意見の対立は避けられない。問題は、議論するより調整することに慣れてる民族だから、意見の対立が即「責める」ことになって議論が成立しなかったり、議論ができていても、それを「双方を責めている」と受け取る人がいるということ。自分もそうだから気持ちはよく分かる」との反応。

■関連記事
坂上忍 政府の緊急経済対策に 「国難って言いながら我々から徴収したお金をこういう使い方するんだ」
島谷ひとみ 「東京の人=コロナという考えはやめましょう」 「傷つきます」 インスタで訴え