捨て本東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への出馬情報が浮上している実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(47)が、新著「東京改造計画」を告示直前に緊急出版します。

副題に「コロナ時代の新しい首都のカタチ」のコピーが躍り、東京都への緊急提言37項で構成。経済政策では「満員電車は高くする」「現金使用禁止令」「メトロと都営地下鉄の合併・民営化」「江戸城再建」「東京五輪はリモート競技に」などを挙げています。

教育・社会保障では「オンライン授業促進」「大麻解禁」「ジジ活、ババ活で出会い応援」などギョッとする政策も。堀江氏が過剰な自粛政策に異を唱える新型コロナ対策では「経済活動を再開せよ」と一刻も早い自粛解禁を訴えています。


■堀江貴文氏 都知事選出馬のフラグ立った?“公約本”を出版へ

h000

 東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への出馬情報が浮上している実業家のホリエモンこと堀江貴文氏(47)が、新著「東京改造計画」を告示直前に緊急出版する。小池百合子都知事(67)を引きずり下ろす出馬へのフラグが立った(状況が整った)も同然になってきた。

 堀江氏出馬の可能性は18日発行の本紙で伝えているが翌19日、幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏がツイッターを更新。堀江氏が今月30日に「東京改造計画」(幻冬舎刊)を発売することを伝えた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

堀江貴文氏 都知事選出馬のフラグ立った?“公約本”を出版へ

■堀江貴文 Twitter

このニュースに対しネットでは、「前回の立候補時は腐った政治を何とかしてくれるんじゃないかとワクワクさせてくれるものも感じたが、最近はただのわがままなオッサンのイメージになってしまった」「N国の立花と同じ発想でしょ。選挙で勝つことが目的ではなく、注目を集めて稼ぎを上げることが目的。仮に堀江が都知事になっても、有事に経済優先・人命軽視するのは目に見えてる」「東京はお金があるからやりようがいくらでもある。人口が減ってお金もない地方の県を再生させるぐらいの力があればホリエモンを見直すけどただの面倒なおじさんになり下がりつつあるホリエモンには任せたくない」との反応。

■関連記事
堀江貴文氏が持論 東京都の感染者数減に 「だから緊急事態宣言なんか必要なかった」
ホリエモン、田中みな実へ 「なんでもかんでも政府に頼るな」 サンジャポで議論