スーパーほいほい よしおじゃんけんお笑いタレントの小島よしお(39)の、休校措置後にYouTubeで配信を始めた小学生向けの授業動画が「すごい分かりやすい」と、全国の小学生や親から大好評を博しています。

「おっぱっぴー小学校」は、小学生のお子様がいる知り合いから、休校中に子どもたちの学力が下がってしまうことを何とかできないか、という相談を受けたことから始まったと説明。

小島は、「もともと教師になりたかったので、すごく不思議というか、巡り合わせというか…。自分のネタを作っている時より楽しい」と、やりがいを感じているようです。


■小島よしおYouTube配信「おっぱっぴー小学校」小学生向け授業が大好評「ネタを作っている時より楽しい」

k000

 お笑いタレントの小島よしお(39)に、テレビ会議アプリ「Zoom」で取材。休校措置後にYouTubeで配信を始めた小学生向けの授業動画が「すごい分かりやすい」と、全国の小学生や親から大好評を博している。自身も「ネタを作っている時より楽しい」と夢中になりつつ、16年7月に結婚した妻と過ごすかけがえのない日々を満喫しているようだ。

 (配信動画の)「おっぱっぴー小学校」は、小学生のお子様がいる知り合いから、休校中に子どもたちの学力が下がってしまうことを何とかできないか、という相談を受けたことから始まりました。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

小島よしおYouTube配信「おっぱっぴー小学校」小学生向け授業が大好評「ネタを作っている時より楽しい」

■小6算数「線対称と点対称」


このニュースに対しネットでは、「子どもが時計の見方が分からなくて、いつも困ってましたが、小島よしおさんの動画を見て、わかったと言っていました。楽しそうに笑って見ていましたよ。もっと色々な授業が見たいです。続報楽しみにしてます!」「この方は人柄の良さが伝わってきます。教師に向いてるのでしょう。以前からネタが子供にウケてるのを見た事ありますが全体的に親しみ易いのかも。息の長い芸人さんです。一発屋なんかではありません」「地方の営業でお会いしました。ものすごく礼儀正しで優しい方。子どもたちがなつくのがよくわかると思いました。また、その時はご家族も連れて来られていて家族サービスもされていました。もちろん、自腹で」との反応。

■関連記事
小島よしお、美人妻を久々に公開 … タイ旅行中に “授乳” ショットも
小島よしお 悩み明かす 「新しいギャグ流行らない」