月刊目の眼 2018年5月号ZOZO創業者で実業家の前澤友作氏(44)が23日、急死した女子プロレスラーの木村花さんが誹謗中傷の書き込みに悩んでいたと報じられていることについて、自身のツイッターで行きすぎた書き込みに対する厳罰化を求め、被害届を出して立件化するよう呼び掛けました。

前澤氏は、「まだ22歳。。。悲しすぎる」と哀悼の意を示した上で「SNSでの行き過ぎた誹謗中傷行為には厳罰を。スルースキルとか言ってる場合じゃない。被害受けた人はスルーせずに被害届けを」とツイート。

「被害者のアクションが全体の抑止力になる。僕もスルーせずにこれからは遠慮なく被害届けを出す」と宣言しました。


■ZOZO創業者・前澤友作氏「厳罰を…スルーせずに被害届を」急死した木村花さんへの中傷投稿に悲嘆

m000

 ZOZO創業者で実業家の前澤友作氏(44)が23日、急死した女子プロレスラーの木村花さんが誹謗中傷の書き込みに悩んでいたと報じられていることについて、自身のツイッターで行きすぎた書き込みに対する厳罰化を求め、被害届を出して立件化するよう呼び掛けた。

 「まだ22歳。。。悲しすぎる」と哀悼の意を示した上で「SNSでの行き過ぎた誹謗中傷行為には厳罰を。スルースキルとか言ってる場合じゃない。被害受けた人はスルーせずに被害届けを」と訴えた。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

ZOZO創業者・前澤友作氏「厳罰を…スルーせずに被害届を」急死した木村花さんへの中傷投稿に悲嘆

■前澤 友作 Twitter

このニュースに対しネットでは、「SNSによるいじめの顕在化ですね……。個人ではね返せない件が大多数でしょうから、被害届で対抗するしかないでしょうね」「ネットの皆さんは自分たちの中傷で人の命を奪ったことに罪悪感は無く、むしろ自分たちの正義の中傷で悪を滅ぼしたとヒーロー気取りに酔いしれてるだろうが、この人たちこそ人の命を平気で奪う真の悪だということだ」「やるならとことんやった方がいいと思う。こういう奴らを厳罰化することで、抑止力にもなる。バカは痛い目に合わないとわからない」「毅然たる態度を取るのも必要。心当たりがある書かれた方は自首して欲しい」との反応。

■関連記事
ひろゆき氏 「政府のお金も全部1回前澤さんに預けて、前澤さんが振り込めば早いんじゃないかな」
前澤友作氏 ひとり親応援基金入金開始報告も 「証明書類を偽造してまで10万円を受け取ろうとする人が」