月刊目の眼 2018年5月号インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作氏(44)が1日、自身のツイッターでひとり親家庭を支援する新事業「小さな一歩」を発表しました。

前澤氏は「誰もが安心して養育費をもらえる世の中にします!」と新事業の詳細を発表。

「養育費をもらえていないひとり親が75%(当社アンケート)もいます。これは子供の貧困にもつながる大きな社会問題です。前澤ひとり親応援基金は新たに10億円を拠出し、この問題を解決する新会社を設立しました。新会社の社名は【株式会社 小さな一歩】皆さまのこれから始まる小さな一歩を二人三脚でサポートします」とひとり親家庭を支援する会社を立ち上げました。


■前澤友作氏 ひとり親支援の新会社設立「養育費を元パートナーに代わってお支払いする保証サービス」

m000

 インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者の前澤友作氏(44)が1日、自身のツイッターでひとり親家庭を支援する新事業「小さな一歩」を発表した。

 前澤氏は「誰もが安心して養育費をもらえる世の中にします!」と新事業の詳細を発表。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

前澤友作氏 ひとり親支援の新会社設立「養育費を元パートナーに代わってお支払いする保証サービス」

■前澤 友作 Twitter

このニュースに対しネットでは、「やっておられることはすごく素晴らしいことだとは思う。ただこのサービスがあるのをいいことに、養育費を払おうとしない人間が増えないことを祈るばかり」「毎回、前澤氏のお金の使い方、発想が素晴らしいとおもいますが、、今回のこの支援は、ホントに養育費を受け取れず、困ってる方には、有り難い救済かも知れませんが、財源が心配なのと、これから、意図的に養育費を払わない方が増えていく懸念があると思いますが、、。」「素晴らしい事かと思い良く読んでみると手数料ビジネス。これは諸外国でも手を触れたらダメな子供の為のお金の搾取ですね。先進的親子制度の海外の弁護士も養育費からの報酬をとる事はほぼありません。国としての制度が未完備だから隙間があるのも悪いですが危ないビジネスです」との反応。

■関連記事
前澤友作氏、過去5年間の納税額公表 「参考までに」
前澤友作氏 「厳罰を…スルーせずに被害届を」 急死した木村花さんへの中傷投稿に悲嘆