月刊目の眼 2018年5月号ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が、好きなことを仕事にすることへの思いをつづり、否定的な意見を受けて複雑な思いを吐露しました。

前澤氏は29日、ツイッターで「好きなことやろうよ」と呼びかけるイラストを投稿。「車の運転が好きだからドライバーやる。人が好きだから接客業やる。釣りが好きだから釣具屋さんで働く。好きなことを仕事にすることってそんなに難しいことじゃないと思いますけど」と自身の考えを示しました。

しかし、フォロワーからは「簡単に言うなよ」と否定的な意見も寄せられ、「好きなことを仕事にするのって自分の中では当たり前だと思って生きてきたけど、そんな人一握りだとか、そんなことできるわけないとか、お金がないとできないとか、そんなレスをたくさん目にし、一度も就職したことのない自分の世間知らずさを痛感する朝。おはようございます」とツイートしました。


■前澤友作氏「自分の世間知らずさを痛感」

m000

ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が、好きなことを仕事にすることへの思いをつづり、否定的な意見を受けて複雑な思いを吐露した。

前澤氏は29日、ツイッターで「好きなことやろうよ」と呼びかけるイラストを投稿。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

前澤友作氏「自分の世間知らずさを痛感」

■前澤 友作 Twitter

このニュースに対しネットでは、「自分の考えを発信して、それに対する周りの反応をみて、「気軽に発信しすぎた内容だったかな」と省みて、客観的に見つめ直した自分の思いを述べた。ということですよね。形式がSNSというだけで、すごく真っ当なコミュニケーションをとっているように思えるのは自分だけでしょうか」「林修先生の話に感動した。 仕事の選択は「やりたい仕事」よりも「できる仕事」が大事。 喜びは、やりたい願望をかなえて味わうのも良いし、できる仕事での達成感で味わうのも良いと。 結局多くの人は生きてゆくために「できる仕事」の方を選択するようですね」「適応できない環境(仕事や人間関係)に必死でしがみついていると病む、というのを三十代で身を持って体験したので、いまは、健康で持続可能かどうかを、働く環境を選ぶ基準にしてる。心身の健康は大切。損なったら回復するのに時間がかかる」との反応。

■関連記事
前澤友作氏、 「お金配り」 企画の定期化を示唆。次回は800万フォロワー到達で
前澤友作氏 「早速ですが、お金配りします」 フォロワー700万人突破で 『約束』 即実行へ