蛭子能収のゆるゆる人生相談 (日本語)漫画家でタレントの蛭子能収(72)が、レビー小体病とアルツハイマーの合併症を患っていることが9日、分かりました。同日放送のテレビ東京系医療バラエティー番組「主治医が見つかる診療所」で明らかにされました。

記憶力低下を心配した蛭子の妻とマネジャーが同番組に相談し、認知症治療の専門病院で検査を実施。簡単な計算ができず、物忘れや幻視などの症状から合併症と診断されました。

すでに認知症が始まっているという現実を突きつけられるも、医師からはレビー小体病に効く薬で無理ない範囲で仕事をしても問題ないと説明を受け、蛭子は「できなくなったらしょうがないけど、できる間はずっと続けていきたい」と現役を誓っていました。


■蛭子能収 レビー小体病とアルツハイマーの合併症…テレ東番組で判明

e000

 漫画家でタレントの蛭子能収(72)が、レビー小体病とアルツハイマーの合併症を患っていることが9日、分かった。同日放送のテレビ東京系医療バラエティー番組「主治医が見つかる診療所」(木曜、後7・58)で明らかにされた。

 記憶力低下を心配した蛭子の妻とマネジャーが同番組に相談し、認知症治療の専門病院で検査を実施。簡単な計算ができず、物忘れや幻視などの症状から合併症と診断された。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

蛭子能収 レビー小体病とアルツハイマーの合併症…テレ東番組で判明

■蛭子能収 Twitter

このニュースに対しネットでは、「軽重はわからないけど......認知症にいいイメージを抱く人はほとんどいないから、診断にショックを受けたと思う。でも診断を受けたから、原因がわかったし、今後病状進行延滞のための適切な治療が受けられる」「父親がパーキンソン病でレビー小体病でした。人が変わったような状況になる時があって、幻覚から本人が110番通報してしまったり色々大変な事がありました。同居の御家族は大変だと思います。病状が悪化しない事を願うばかりです。お大事に」「バス旅は引退して正解でしたね。太川さんも色々攻め立てたことを後悔しているでしょう。これからはゆっくり休んで静養してください」との反応。

■関連記事
蛭子能収 「葬式に行くのは、お金と時間のムダ」
宮「ひとりぼっちでもいい」 いじめられていた蛭子能収さんが語る真の友 「群れて得するのは力の強い人だけ」