魚図鑑サカナクションの山口一郎が1日、TBS系の生番組「新・情報7daysニュースキャスター」にVTR出演し、新型コロナウイルスの影響で収入が3分の1になったことを打ち明けました。

山口は音楽業界の現状を、従来はCDとライブがミュージシャンの収入の2本柱だったが、いわゆるCD不況下でCDの売り上げは減少が続いており、「一番メインとなっていたのがライブ収入だった」と説明。

しかし、新型コロナ感染拡大の影響でライブができなくなり、「片方の羽がもぎ取られてしまったんで、僕ら的には収入がホントに激減したというか、3分の1以下になってしまったのが現実」だと明かしました。


■サカナクション山口、コロナで収入が「3分の1以下に」 チーム守るアクションも

s000
 サカナクションの山口一郎が1日、TBS系の生番組「新・情報7daysニュースキャスター」(土曜、後10・00)にVTR出演し、新型コロナウイルスの影響で収入が3分の1になったことを打ち明けた。

 山口は音楽業界の現状を、従来はCDとライブがミュージシャンの収入の2本柱だったが、いわゆるCD不況下でCDの売り上げは減少が続いており、「一番メインとなっていたのがライブ収入だった」と説明。

(抜粋・全文は以下のリンクより)

サカナクション山口、コロナで収入が「3分の1以下に」 チーム守るアクションも

■サカナクション Twitter

このニュースに対しネットでは、「サカナクションですらこの状況では8割のアーティスト、ミュージシャンはもうやっていけないと思う」「アーティストも有名になるとスタッフを養っていかないといけない、ある意味で経営者のような立場になりますね。苦しいですが新しいビジネスの芽を作っていかないと、そもそもの音楽活動自体が成立しません」「本当にナイスアクションだと思いました。今回はライブやコンサートが中止になった事でコンサートを支えるスタッフさんの為に考案されたと聞きました。窮地に陥った時に、その人の人間力や底力が出ると思います」との反応。

■関連記事
サカナクション・山口一郎、過去の突発性難聴で 「右耳はほとんど聞こえない」
紅白出場歌手決定!泉谷しげる、NMB48、サカナクションら初 高橋真梨子、ゆず、T.M.Rなど復帰