にゅーす特報。

にゅー

「ニュー得ブログ」が「にゅーす特報。」と名前をかえて生まれ変わりました!

2015年11月

お世話になっているサイトさんたち

【話題沸騰!】永野芽郁 1st写真集「moment」

ゴスペラーズ北山陽一(41)が脳腫瘍手術 現在治療に専念

Dream Girl(初回生産限定盤)(DVD付)ゴスペラーズ北山陽一(41)が脳腫瘍と診断され、手術を受けたことが25日、わかりました。

北山は、11月に体調不良を訴え、急きょ検査を行ったところ、脳腫瘍が確認され、良性の腫瘍と診断。すぐに手術を行いました。

すでに意識はしっかりしており、会話や歩行もできる状態までに回復しているとのことです。続きを読む

【ラグビー】 五郎丸歩選手の黄金像が完成

不動の魂 桜の15番 ラグビーと歩むラグビー日本代表の五郎丸歩選手が30日、東京・丸の内で開催されたイベント「東京ミチテラス2015『Lighting Bench Art』」の除幕式に出席し、お披露目された自身のオブジェをみて、「何とも言えないですね」と苦笑しました。

それでも、五郎丸選手がキックを蹴る前に行うルーティンの“五郎丸ポーズ”を取っているそのオブジェの出来映えに、「指の部分が再現されている。全部忠実に再現されている」とコメント。

「東京駅にも近いし、日本国内だけではなく、海外の人も一緒に写真を撮っていただけるとありがたいですね」とアピールしました。続きを読む

中川翔子、水木さんを悼む 「水木先生と対談させていただいてから自分の生き方考え方を改めました」

無限∞ブランノワール(初回生産限定盤)(DVD付)タレントの中川翔子(30)がツイッターを30日に更新し、同日に亡くなった漫画家の水木しげるを悼みました。

中川はアニメ「墓場鬼太郎」で、鬼太郎の初恋の相手で小学校のクラスメイト「寝子」役を務めており、「とても、悲しいです。水木しげる先生と対談させていただいた時に 寝る時間は黄金の時間!寝てる時間にアイデアも浮かぶし寿命がのびる! というお言葉を頂き、それから自分の生き方考え方を改めました」とコメント。

「墓場鬼太郎で寝子を演じさせていただけたこと、宝物です。御冥福をお祈りいたします」とつづりました。続きを読む

ウーマン村本 『逃走中』 炎上で自著本の売り上げ伸び 「バカとハサミは使いよう」

ウーマンラッシュアワー 村本大輔の恨みと復讐のミルフィーユ/中川パラダイスの癒しと優しさのセレナーデ [DVD]ウーマンラッシュアワーの村本大輔が29日に放送されたフジテレビ系「逃走中 大江戸ヒーローズ~偉人達と駆け抜けろ~」で、自分勝手な立ち回りをしたことでツイッターが炎上しました。

しかし、村本は、自身への批判を話題にし、逆に宣伝効果を生みだしたことで、自著本とライブチケットの売り上げが伸びたと報告。

「バカとハサミは使いよう」と、してやったりのツイートを残しました。続きを読む

「2015紅白出場歌手 選考に疑問符の人は?」 1000人アンケート

WADASOUL11月26日、大晦日の『第66回NHK紅白歌合戦』の出場者が発表され、おぎやはぎがμ'sの出場に疑問を投げかけるなど、大きな反響が出ています。

そこでガジェットニュースが、「紅白出場歌手 選考に疑問符の人は?」というアンケートを実施したところ、紅組では圧倒的な票数で和田アキ子がトップ、2番手にμ'sが。

白組では、ゴールデンボンバー、ゲスの極み乙女。、近藤真彦がほぼ同数で肩を並べています。続きを読む

【訃報】 水木しげるさん死去 93歳

わたしの日々 (ビッグコミックススペシャル) [Kindle版]「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげるさんが、30日朝、東京都内の病院で心不全のため亡くなりました。

水木さんは大正11年に大阪で生まれ、幼いころお年寄りから聞いたお化けや妖怪の話からイメージをふくらませた「悪魔くん」や「ゲゲゲの鬼太郎」などの漫画が大ヒットし、テレビや映画にもなって、妖怪ブームが起こるなど人気を集めました。

水木さんは今月11日、自宅で転倒し、頭を打って東京都内の病院に入院。30日午前7時ごろ、心不全のため93歳で亡くなりました。続きを読む

人時、黒夢時代を振り返る … 「清春さんとは一言も喋らないぐらい仲悪かった」

黒と影 (通常盤)ガールズバンド・Hysteric Lolita~感情的少女~の楽曲「Voice For Voice」をプロデュースした黒夢のベーシスト・人時が、インタビューに応え、プロデュースの話から、1999年の黒夢の活動停止から復活に至るまでの心境、師匠である故・佐久間正英さんへの思いを語りました。

人時は、1999年に黒夢が無期限の活動停止を発表した頃について、「音楽をやめたかった」と告白。

清春とは、「活動停止前は、ひと言もしゃべらないぐらい仲が悪かった」と明かしましたが、活動停止中、「お互いに会わないし、相手が何を考えているのかもかわらないのになぜか距離が縮まっていく感覚があった」と語り、「やっぱり清春さんは僕にとってのスターというか、憧れの人」と、現在は清春に対してリスペクトしていることを明かしました。続きを読む

村上春樹 「小説を書く行為は一人で食べるカキフライに似ている。美味しいけど寂しい」

職業としての小説家 (Switch library)作家の村上春樹さんが、福島県郡山市で28、29日と開かれた文学イベントに参加し、作家らと想像力との付き合い方を巡って約2時間語り合いました。

この日、村上さんは冒頭、「僕はカキフライの話をします」と切り出し、「1人で食べるカキフライはおいしいけど、寂しい。寂しいけどおいしい。孤独と自由の関係のように永遠に循環する。自分の中にある言葉を一つ一つすくうという作業は孤独な作業で、(小説を書くことは)1人カキフライに似ている。自分が小説を書いていると思うと頭が重くなるけど、カキフライを揚げているんだと思うと、楽になります」と、小説をカキフライに例えて説明。

創作のきっかけについては、最初のシーンを思いつくことから始まることを明かし、「そのシーンが頭の中で半年ぐらい、タクシーで渋滞に巻き込まれてるみたいにぐるぐる回っている。それが半年くらいすると回り出す」と話しました。続きを読む
スポンサードリンク
著作権について
当ブログに掲載している動画及び 画像著作権は各権利者所有者に帰属します。 肖像権・著作権・知的所有権等を 侵害する目的はありません。 肖像権・著作権侵害等ある場合 メールにてお知らせ下さい。 記事より削除対応致します。
スポンサードリンク
アクセスランキング
スポンサードリンク
このサイトについて
■管理人:きゃ~
元「ニュー得ブログ」管理人です。
2009年11月1日、FC2よりライブドアへ移転。
サイト名を「にゅーす特報。」と改める。

現在、恐ろしい数のメールを溜め込んでいます。
対応には時間がかかりますが、それでもよろしければメールください。
メールはコチラまで

更新情報配信中!


gif

スマホでもにゅー特をチェック!
QRコード
記事検索
ブクマ新着エントリー
最新コメント
月別アーカイブ
スポンサードリンク