「ひと言」で相手の心をつかむ恋愛術SPA!の「女がドン引いた[狂気のラブトーク]に呆然」シリーズが、ありえるのかありえないのかわかりませんが面白いです。
ちょっと長いので、一部抜き出します。



女がドン引いた[狂気のラブトーク]に呆然

spa

男がつい口走ってしまう常軌を逸した「愛のささやき」が、100年の恋も瞬冷させる

▼自己陶酔トーク編

「昔、彼氏から『かわいい子猫ちゃん』と言われ、鳥肌がたった」という主婦(32歳)もいたが、このセリフが許されるのは、そう、小沢健二(当時)だけなのである。

「『キミに会うまでの僕は愛を求めてさまよう旅人だった。キミに出会い愛の意味を知った』と言われ、気持ち悪かった」』(25歳・教育)、「『キミがこの地球に生まれてきたことに感謝』と告白され、即座にお断り」(29歳・事務)、「『僕はキミを支えるために神様から遣わされたんだ』って、何者?」(36歳・運輸)、とスケールがデカくなると言葉は軽くなっていくよう。

▼意味不明トーク編

また、「大学時代、彼の家に遊びに行ったとき。駅から『着いたよ』とメールしたら『迎えに行くよ。ヤックルに乗って』との返事。ヤックルって?」(29歳・派遣)。 ヤックルとは『もののけ姫』に出てくるアカシシのこと。想像するに、自分を主人公のアシタカになぞらえたのだろうが......ヤックルがわからない彼女に、通じるよしもなく、あまりにも迂遠――。

それを思えば、「七夕の夜、『彦星が織姫を射止める。この手で!』とメールが来たが、主語述語関係は滅茶苦茶。大体、織姫と彦星は夫婦。バカじゃない?」(27歳・教員)と、厳しく一蹴されたとしても、アプローチであることは通じたのだから、まだマシか? 敗因はムードで押せる相手かどうかの判断ミスとも言えるだろう。

▼エロトーク編

さらには、「クリスマスの日に初デートをした人から『キミの煙突に入りたい』と言われ逃げ帰ったことがある」(39歳・主婦)、「『僕のペ○スはとても長いんだ。だからキミの心まで届くんだよ』と言われた」(33歳・不動産)なんてのは、下品極まりない。っていうか、それで口説けると思った理由を聞かせてほしい。

そして極めつきは、「『キミのオッパイちゃんはアメ玉のようにおいしいから、溶けないように大事に食べないとね~』という元夫の一言がキモくてキモくて......」と話してくれた女性(31歳)のケース。この発言以来、「元旦那とのエッチは演技して1秒でも早く終わらせていた」そうで、しかも結局、その後、離婚に至ったとか。

▼オレ様トーク編

「『お前はオレ以外の男を愛せない。なぜならこんなにお前のことを愛するのはオレだけだから』と言われ、このナルシストが!とドン引き」(27歳・飲食)、「歴代の元カノのプリクラを見せられ、『オレと付き合うコは必ずきれいになるんだ。お前もな』と。その自信過剰っぷりに鳥肌が立った」(26歳・百貨店)、「初対面の人にインドアな趣味の話をしていたら、『オレといたら、そういうところ全部変えてあげるから!』と救世主のような顔で言われた。上から目線のうえ趣味を全否定され、一気に興味消失」(27歳・法律)とまあ、上から目線に対する女性の憤りたるやすさまじい。

▼ホメ下手トーク編

「付き合い始めの頃、ミニスカートでデートに行ったら、『足が大根みたいに真っ白だね』と微笑みながら言われた」(31歳・介護)、「『僕、しもぶくれが大好き』と告白された......」(34歳・販売)、「『毛深いところも好き』と言われて、どう喜べばいいのよ!?」(25歳・不動産)と、女性の怒りの声が止まないわけだから、巷で言われるように、日本人男がホメ下手なのは確かなのだろう。

全文はコチラ:
女がドン引いた[狂気のラブトーク]に呆然

これに対し2chでは、
「ねーよwwwwwwwwwwwwww」
「>「初対面の取引先の人との飲み会の帰りに、いきなり股間に手をもっていかれて、『僕のココはこんなに熱く大きくなってるんだ!』と絶叫された」(28歳・旅行)

これはひどいw」
「見たことを後悔するスレだ」
「同じセリフでも相手により許される事がある」
との反応。

W.L.O. 世界恋愛機構(限定版)(「WLO正式支給香水」&「キャラクターメッセージカード」同梱)W.L.O. 世界恋愛機構(限定版)(「WLO正式支給香水」&「キャラクターメッセージカード」同梱)

5pb. 2010-04-29
売り上げランキング : 570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools