闘育論―亀田流三兄弟の育て方先月27日のに行われた世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦で敗れた亀田興毅の父史郎氏が試合後、試合役員らに暴言を吐いた問題を受けて、日本ボクシングコミッション(JBC)は史郎氏に一番厳しいライセンスの取り消し処分を科す方針を固めました。
なお、正式発表は13日になるそうです。



【ボクシング】亀田父の資格取り消しへ

1

 日本ボクシングコミッション(JBC)は7日、東京都内で倫理委員会を開き、先月27日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座統一戦で敗れた亀田興毅(亀田)の父史郎氏が試合後、試合役員らに暴言を吐くなど抗議した問題を協議し、史郎氏に一番厳しいライセンスの取り消し処分を科す方針を固めた。13日に正式決定する。

 史郎氏は2007年10月からセコンドライセンスの無期限停止処分を受けていた。同委員会の斉藤慎一委員長は「厳重な処分をすべきで全会一致した」と説明した。ライセンス取り消しになればセコンドを含め、一切のプロ活動が実質不可能になる。将来的な復帰についても、JBCの安河内剛事務局長は「資格審査委員会はあるが、事実上難しい」との見解を示した。

 JBCの記録では、過去にライセンス取り消し処分を受けたのは、1997年に殺人罪で起訴された米国籍選手の例があるだけ。

 また、亀田ジムの五十嵐紀行会長に対しても史郎氏の抗議を増長させた責任で処分を下すことになり、オーナー、プロモーター両ライセンスの取り消しや停止を検討する。

【ボクシング】亀田父の資格取り消しへ

ちなみに、史郎氏の試合後の暴言の様子は以下の通りだったそうです。

■興毅陥落…判定に不服、史郎氏爆発

 試合後、父・史郎氏が採点に関して不満を爆発させた。日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長を控室に呼び、どなりつけ、室内で椅子を蹴り上げた。史郎氏の説明によると、控室を訪れたレフェリーのガルシア氏が「5回に本来ならばポンサクレックにバッティングで2度の減点が科されるはずだった」と明言。しかし、安河内事務局長が見逃し、1点の減点のみとなったという。

 史郎氏は「レフェリーが2点減点と言ったのに、安河内が見逃して1点の減点になった。安河内は謝ったけど、俺は絶対に許さん。絶対にくびや。俺が首取ったる。俺はもうどうでもええんや」とほえまくった。

興毅陥落…判定に不服、史郎氏爆発

このニュースに対しネットでは、「めしうまww」「まあ妥当ですな」「父親と縁切らないと、駄目人間まっしぐらになるぞ!息子達!」「一緒に恫喝してた三男は?」「自業自得 一切の同情の余地なし」「首とったるわって言ってた人がクビになりましたとさ」「しかし、これまでも停止状態だったし、たいして変わらんだろうな。」「自民党から参院選出馬だったら笑える」との反応。





闘育論―亀田流三兄弟の育て方闘育論―亀田流三兄弟の育て方

創美社 2006-02
売り上げランキング : 105767
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools